二輪車用ETC車載器 アンテナ分離型 JRM-11

  • ITS

印刷する

操作方法

ETCカードの挿入

1.カバーを開ける

バックルを外し、車載器本体のカバー(上蓋)を開きます。

画像:JRM-11 カバーを開ける

2.ETCカードを差し込む

ETCカードの端子面と車載器本体のカードソケットが接触するようにスライドさせて突き当たるまで挿入します。

画像:JRM-11 ETCカードを差し込む

3.カバーを閉じる

カバー(上蓋)を閉じ、バックルでカバー(上蓋)を固定します。

画像:JRM-11 カバーを閉じる

4.電源を入れる

イグニッションキーをACCまたはONにし電源を投入します。(電源投入後に1~3を実行しても問題ありません。)

5.認証(使用可能)

カード認証が開始(表示器LED緑赤交互点滅)され、カードが認証された時は、表示器のLEDが緑点灯します。

本体の基本的な操作はこれで完了です。

料金所でのETC情報通知
(ご使用の前には必ず取扱説明書をよくお読みください。)

予告アンテナ/ETCカード未挿入お知らせアンテナ

料金所の手前に設置され、車載器と通信を行い、車載器が正常に使用できることを確認するためのアンテナです。

ETC車線利用不可能情報を受け取った場合

LEDが赤点灯します。ETC専用車線はご利用できませんのでETC混在車線または一般車線をご利用ください。

お知らせ

予告アンテナ/ETCカード未挿入お知らせアンテナが設置されていない料金所もあります。

入口料金所

対距離制の料金体系の道路にて主に入口情報を車載器との間でやり取りします。

お知らせ

料金所には、安全に通行できるように路面標示が引かれています。必ず、前車との車間距離を十分に取り、20km/h 以下に減速して進入し、路面標示にしたがって一台ずつ通行してください。

異常通信時(入口情報を受け取れない場合)

開閉棒が開かなかった場合は、後続車両による追突事故の防止などお客さまの安全を確保するため、開閉棒および後続車両等に十分注意を払い、安全を確認の上、開閉棒を避けてETC車線から退避してください。
入口料金所で開閉棒が開かずに退避した場合、出口料金所では開閉棒が開きませんので、出口料金所のETC混在車線または一般車線にて係員に申し出ていただき、指示に従ってください。

ご注意

LED が緑点灯であっても開閉棒が開かないことがありますので、20km/h 以下に減速し、徐行して料金所を通過してください。

出口 または 均一料金所

主に料金情報を車載器との間でやり取りします。

お知らせ

料金所には、安全に通行できるように路面標示が引かれています。必ず、前車との車間距離を十分に取り、20km/h 以下に減速して進入し、路面標示にしたがって一台ずつ通行してください。

異常通信時(料金情報を受け取れない場合)

開閉棒が開かなかった場合は、後続車両による追突事故の防止などお客さまの安全を確保するため、開閉棒および後続車両等に十分注意を払い、安全を確認の上、開閉棒を避けてETC車線から退避してください。
出口(均一)料金所で開閉棒が開かずに退避した場合、駐停車が禁止されていない場所から安全を確認のうえ、遅滞なく、ご利用の道路会社に連絡してください。

ご注意

LED が緑点灯であっても開閉棒が開かないことがありますので、20km/h 以下に減速し、徐行して料金所を通過してください。

フリーフロー型料金所

制御棒のない料金所で、本線上にて経路チェックや、料金収受を行います。

ETC車線利用不可能情報を受け取った場合

LEDが赤点灯します。ETC専用車線はご利用できませんので係員のいるETC混在車線または一般車線をご利用ください。