ハンディサーチ NJJ-95B

  • RCレーダー

印刷する

生産終了品

画像:ハンディサーチ NJJ-95B

概要

近年コンクリート建造物に対して品質確保検査の要望が高まっています。また、コンクリート建造物の修繕や改築、保守工事において、鉄筋・電気配線管・ガス管・水道管の切断事故が問題になっています。
「ハンディサーチ」はこのような検査や事故防止のためにコンクリート内部を非破壊で高深度に探査できる装置として開発されました。

原理

ハンディサーチの原理

電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射し、対象物からの反射信号を受信することにより、鉄筋や空洞などの位置や深さを画像表示・記録します。

新機能

深モードで最大30cmまでの探査を実現

従来の探査可能深度を10cmアップして30cmまでの探査を実現しました。

CFメモリーカードの容量アップ

付属のCFメモリーカードの容量を64MBから512MBにアップ。探査距離15mのデータなら約200本分記録できます。

浅モードでより細かい解析に

探査画面の浅い部分を拡大し、かぶりの分解能を約1mmに。より細かい解析に威力を発揮します。

使いやすい操作キー

操作キーに蓄光性の素材を採用し、押しやすい突起を付けたことにより、視認性・操作性が向上しました。

主な特長

コンパクト・軽量化

本体表示部とアンテナ部が一体化しているのでコンパクト、さらに約1.1kgと軽量のため片手で容易に操作できます。

ケーブルレスで印刷可能

IrDAによりケーブルレスで専用モノクロプリンタ(オプション)での直接印刷が簡単に行えます。

金属から非金属まで探査

レーダー方式により鉄筋などの金属物のほかに、塩ビ管・空洞などの非金属物も探査できます(非金属物の探査画像の解析は習熟を必要とします)。

リアルタイム表面波処理

表面波除去処理をリアルタイムに行えますので、スピーディに探査できます。固定表面波に加え、探査中のデータによる表面波設定が可能で、簡易操作と高精度探査を兼ね備えています。

データの保存・再生

一回の探査で15m分のデータを保存・再生できます。

解析用カーソル位置の読み取り・記録可能

探査後、XYカーソルにより、鉄筋などの位置・深さの読み取り・記録ができます(最大7点)。

使用分野

  • コンクリートアンカー工事
  • コア抜き工事
  • コンクリート建造物改修工事
  • 空調設備工事
  • ガス工事
  • コンクリート建造物調査診断
  • 電気設備工事
  • 水道工事
  • コンクリート橋梁完成検査 など