RCレーダ ハンディサーチ NJJ-95A

  • RCレーダー

印刷する

販売終了品

画像:ハンディサーチ NJJ-95A

特長

新機能(当社NJJ-85Aと比較)

カラー液晶採用で見やすく鮮やかな画面表示

測定画面の判別がより鮮明に行えます。また、従来の白黒画面を鮮明にした白黒モードにも対応しています。

CFメモリーカードの採用で測定データの保存・読み出しが簡単に

本体のみで測定データの保存・読み出しが行え、推奨するWindowsソフトとの連携で編集・管理が簡単に行えます。また、PCへのデータ転送もメモリーカードによって簡単になり、現場作業の効率が上がります。

IrDA機能を搭載し、専用プリンタ(CMZ-103)とケーブルレスで印刷が可能

わずらわしいケーブル接続なく、現場での印刷(モノクロ)が簡単に行えます。ケーブルレスなので不意のケーブル断線の心配もありません。

測定データ記録例

BAモード表示例

画像:BAモード表示例

画面マーカ表示例

画像:画面マーカ表示例

主な特長

コンパクト・軽量化

本体表示部とアンテナ部が一体化しているのでコンパクト、さらに約1.1kgと軽量のため片手で容易に操作できます。

金属から非金属まで探査

レーダ方式により鉄筋等の金属物のほかに、塩ビ管、空洞などの非金属物も探査できます。(空洞の探査は位置や大きさにより左右されます。)

データの保守・再生

1回の測定で15m分のデータが保存・再生できます。

豊富な外部出力・記録(オプション)

プリンタ、パソコン等への接続が簡単に行えます。

リアルタイム表面波処理

表面波除去処理をリアルタイムに行えますので、スピーディに測定できます。固定表面波に加え、測定中のデータによる表面波設定が可能で、簡便操作と高精度測定を兼ね備えています。

多点のカーソル位置読み取り・記録可能

測定後、XYカーソルにより、鉄筋等の位置、深さの読み取り・記録ができます。(最大7点)

ハンディサーチの原理

一般のレーダと同様に、アンテナから電磁波をコンクリート表面に向けて放射すると、内部に浸透した電磁波はコンクリートと電気的性質が異なる鉄筋、空洞などから反射され、再びアンテナで受信されます。

使用分野

  • コンクリートアンカー分野
  • コア抜分野
  • 空調設備分野
  • 電気設備工事分野
  • ビル等コンクリート建造物改修分野
  • コンクリート構造物調査診断分野
  • ガス工事分野
  • 設計事務所分野