本文へスキップ

ニュース

印刷する

2014年5月21日

『IALA AISM 2014』において海上/港湾監視システム(VTS)を展示

日本無線株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:土田隆平 以下JRC日本無線)は、2014年5月26日(月)から30日(金)までの5日間、スペイン ア・コルーニャにて開催される「IALA AISM 2014」(国際航路標識協会 第18回総会 AISM展示会)において、海上/港湾監視システム(VTS)を展示いたします。

JRC日本無線ブースでは、海上/港湾監視システム(VTS)TRIHAWK(トライホーク) Vシリーズの紹介を行うとともに、実験局により取得した東京湾に出入りする船舶の状況を、大型ディスプレイにリアルタイムで展示いたします。

画像:トライホーク レーダー空中線

TRIHAWK V700

あわせて、船舶向け衛星通信の契約やECDIS向けのチャート提供などを行う情報提供サービス:J-Marine Cloudをご紹介させていただきます。

IALA AISM 2014の概要

JRC日本無線

(1)開催期間
2014年5月26日(月)~30日(金)
(2)会場
スペイン ア・コルーニャ PALEXCO

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL: 0422-45-9774 FAX: 0422-45-9553

(その他)

日本無線株式会社
ソリューション営業部 海外営業グループ
TEL: 0422-45-9890 FAX: 0422-45-9683

  1. 内容はリリース時現在のものです