本文へスキップ

ニュース

印刷する

2014年9月3日

展示会情報:『SMM 2014』に舶用電子機器を出展

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:土田隆平 以下JRC日本無線)は、2014年9月9日(火)から12日(金)までの4日間、ドイツ・ハンブルグにて開催される「SMM 2014」に、Alphatron Marine社と共同で最新舶用電子機器を出展いたします。

JRC日本無線ブースでは使い易さを第一にユーザーインターフェイスを一新した26/19インチ画面の自立型MFD(マルチファンクションディスプレイ)指示器と、この指示器と組み合わせて使用する、MED認証を取得した最新の8フィートSバンド固体化レーダー空中線を展示いたします。

また、このMFDをベースにモニターを46インチとし、Alphatron Marine社と共同で開発した5画面構成のJRC PremiumBridge(商船向けブリッジシステム)および、3画面構成のAlphabridge Premium(オフショア船向けブリッジシステム)の両コンセプトモデルも展示いたします。

このほか、固定・浮揚の両カプセル構成が求められる最新のMSC.333(90)規格に適合したVDR(航海データ記録装置)や2015年のサービス開始が予定されているインマルサットGX(Global Xpress)用Kaバンド船舶局も合わせて展示いたします。

写真:自立型MFD指示器

自立型MFD指示器

写真:Alphabridge Premium

Alphabridge Premium

また、Alphatron Marine社からは大型タグボート向けブリッジシステムをはじめ、高精度光ファイバージャイロやタッチパネルを採用しデザインコンセプトを統一した周辺機器などを展示いたします。

写真:大型タグボート向けブリッジシステム

大型タグボート向けブリッジシステム

会場へお越しの際は弊社ブース(B6ホール 300)にお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

【主な出展機器】

JRC日本無線

26インチワイドMFD(マルチファンクションディスプレイ)

JMR-9200 新製品

19インチワイドMFD(マルチファンクションディスプレイ)

JMR-7200 新製品

8フィート Sバンド固体化レーダー空中線

NKE-2632 新製品

新ルール(MSC333.(90))対応VDR

JCY-1900 新製品

インマルサット GX用 Kaバンド船舶局

JUE-60GX 新製品

開催期間
2014年9月9日(火)~12日(金)
展示会場
ドイツ・ハンブルグハンブルグ・メッセ B6ホール
小間番号
300

お問い合わせ先

日本無線株式会社
海上機器営業部 海外営業グループ
Tel: 03-6832-1814

  1. 内容はリリース時現在のものです