洋上風力発電への取り組み

印刷する

画像:洋上風力発電向けMCCシステム

画像:洋上風力発電向けMCCシステム

洋上風力発電の「安全・安心・効率化」で
事業の成功と発展に寄与し未来を切り開く

はじめに

近年、日本では脱炭素社会の実現に向けた取り組みとして、再生可能エネルギーの導入が不可欠となっています。
再生可能エネルギーの中でも、四方を海に囲まれた日本においては、洋上風力発電が将来有望なエネルギー源として注目されています。
JRCは洋上風力発電の統合管理システムの構築をご提案することで、洋上風力発電事業の「安全・安心・効率化」と日本の脱炭素社会の実現に貢献します。

洋上風力発電向けMCC※1システム

JRC の海洋ソリューションとSea Planner を組み合わせた統合管理システム

MCCシステムは、100 年以上の実績のあるJRC の無線、レーダー、AISおよび監視・通信システムに、欧州の洋上風力発電施設で多数の導入実績を誇るSeaRoc Group 社の管理ソフト「Sea Planner」を融合させた、国内の洋上風力発電の監視やO&M※2に最適な総合管理システムです。

MCCシステムは、洋上風力発電施設の周辺海域を航行する船舶の監視や洋上風力発電施設工事の安全管理、O&Mのほか、建設段階でも運用可能な機能を実装しており、洋上風力発電施設工事(EPC※3)での活用可能など、洋上風力発電事業の効率的な運営を一貫してサポートします。

※1 MCC:Marine Coordination Centre(陸上指令センター)

※2 O&M:Operation and Maintenance(運用管理・保守点検)

※3 EPC:Engineering Procurement and Construction(設計・調達・建設)

洋上施設アクセスギャングウェイ

動揺補正することにより洋上風力発電施設へ安全・安心・簡単 アクセスが可能

JRCの洋上施設アクセスギャングウェイは、作業員輸送船、サービス専用船(CTV/SOV)から固定構造物や浮体構造物に人員を安全かつ効率的に移乗させるためのシステムです。
洋上風力発電施設の高い稼働率を確保するためには、保守点検が必要不可欠ですが、洋上施設に作業員輸送船から乗り移る際は、風、波、潮など気象海象の影響が大きいため、安全に人員を移動させる喫緊の課題となっており、対策を講じる必要があります。

作業員の安全で効率的な移乗を実現

洋上施設アクセスギャングウェイの
スペシャルコンテンツはこちら

JRCの海洋ソリューション

JRC には、漁業協調、地域振興にも貢献可能な沿岸部、沖合、港湾地域、洋上施設におけるさまざま用途に応じたソリューションがあります。
洋上風力発電事業の成功とともに沿岸地域の漁業の振興および地域の発展に寄与できる海洋ソリューションをご提案します。

システム構成図

画像:システム構成図

海洋ソリューション、洋上風力発電関連システム、漁業協調、地域振興向けシステムのご紹介

海洋ソリューション関連 製品・システム リンク先
船舶リアルタイムモニタリングシステム(J-Marine GIS) カタログPDF(3.5MB)
SEP 船内LANシステム カタログPDF(0.9MB)
ブイテレメーターシステム カタログPDF(3.1MB)
海域監視レーダー、オイルリグレーダー カタログPDF(2.9MB)
クラウドシステム J-Marine Cloudウェブサイトが開きます
AIS送受信装置 カタログPDF(1.1MB)
いけす監視 カタログPDF(0.6MB)
スマホアプリ J-Marine Cloudウェブサイトが開きます
船陸間通信
インマルサットグローバルエクスプレス移動地球局  JUE-100GX カタログPDF(5.3MB)
インマルサットグローバルエクスプレス移動地球局  JUE-60GX カタログPDF(3.2MB)
インマルサットフリートブロードバンド移動地球局  JUE-501 カタログPDF(4.2MB)
インマルサットフリートブロードバンド移動地球局  JUE-251 カタログPDF(4.0MB)
衛星通信ワンストップサービス カタログPDF(0.8MB)
高度衛生管理システム カタログPDF(1.1MB)
バードリサーチレーダー