シミュレーター

  • シミュレーター

印刷する

画像:シミュレータ TOP

概要

映像表示装置に表示する高速道路、市街地、山間部等の擬似空間を走行することが可能な装置です。シミュレーターを用いる事により、実車実験では危険をともなう実験や、同一環境での繰り返し実験が可能となります。
これら擬似空間を含んだ実験環境をお客様のニーズに合わせてご提供することで、多様な研究・実験にご活用頂くことができます。また、シミュレーターを活用することで、開発費の低減、開発時間の短縮、開発・実験精度の向上が可能となります。

おもな機能

自由度の高い構成

システムの構成から細かな機能まで、ユーザー毎に異なる目的や要望に合わせたシステム設計を行っています。他にないオリジナリティの高いドライビングシミュレーターの構築が可能です。

用途に合わせたシステム構築

研究・開発の設備としてご利用頂くドライビングシミュレーター導入には、適切なタイミングで適切な規模の設備として導入することが効果的です。
将来的な拡張や軽微な変更から、大規模な改修まで、柔軟な対応により後々のアップグレードが可能です。

研究・開発のテーマに沿った機能作成

新しい研究・開発テーマ、新しい実験手法に対応する新しいシミュレーション機能のご提案など、ユーザーの利便性を第一に考え、研究・開発をサポートします。

実験準備時間の短縮

視覚的ユーザーインタフェースやユーザー毎のカスタマイズにより、シナリオ作成など実験の準備時間(シミュレーター側の準備時間)を短時間に完了できるよう心がけたシステム設計を行っています。

I/Oの公開

日本無線のドライビングシミュレーターは、可能な限りインタフェースを公開しています。特にシミュレーター内部の運動計算結果の入出力等、必要なデータは極力公開することで、納入後のユーザーによるアプリケーション構築を可能にします。

ランニングコストの低減

インタフェースの公開により、ランニングコストが低減可能です。例えば、映像データベースの仕様等も公開することで、ユーザーが映像データベースを構築することが可能です。

構成品

画像:構成品

プロジェクター・スクリーン等映像表示装置

1. スクリーン・ドームシステム

画像:プロジェクター・スクリーン等映像表示装置

2. プロジェクターシステム

仕様に対応した選定から、ご指定のプロジェクターメーカーまで柔軟な対応が可能です。

模擬車両内装置

3. コクピットシステム

画像:コクピットシステム

4. 反力システム

ステアリング反力、ペダル反力など対応が可能です。

画像:ステアリングシステム

5. シート振動システム

シートに振動スピーカーを装着し、走行感覚を演出します。

6. 音響システム

簡易的な音響システムから、リアリティを追求した音響システムまで対応が可能です。

動揺装置・並進装置

7. モーションシステム

日本無線オリジナルのMotion cueingソフトの他に、お客様の準備した制御ロジックの組み込みなど、カスタマイズ対応が可能です。

その他ソフトウェア、制御支援システム

  • 車両運動モデル演算ソフト
    市販の車両運動モデル演算ソフトを組み込み、シミュレーションを行います。また、数値解析ソフトウェアの接続により、ユーザーによるモデル開発が可能です。
  • ログデータ取得ソフト
    シミュレーション後の解析にご使用頂ける様に、シミュレーション中のデータを取得します。
  • 映像ソフト
    高解像度の映像を高いリフレッシュレートでリアルタイムに生成します。

画像:その他ソフトウェア、制御支援システム1

画像:その他ソフトウェア、制御支援システム2

ロードスタジオ

シミュレーター用のビジュアルデータベースを作成するソフトウェアです。地形データから必要な範囲の地形を選択し、基礎となる地形が形成でき、簡単に道路を作成することができます。

メータースタジオ

メータースタジオは計器パネルのデザインと駆動を行う、今までにないソフトウェアです。ハードウェア作成前に、新しいデザインの確認作業を完了することが可能です。

  • 安全装置システム
    アクチュエータを用いたシミュレーターにとって、安全装置は重要な役割となります。フェールセーフにより安全性を確保します。
  • 計算機システム
    Windows OS からRTOS まで、ユーザーのご要望に合わせてご提案致します。
  • 信号分配システム
    CAN、Flex lay などコクピットに合わせた通信機能に対応可能です。
  • 事前確認用ドライビングシミュレーター
    シミュレーションを実施する前に、ゲームパッドで走行確認が可能です。
    また、コクピットシステムと同じ、反力装置を装備したシステム構成も対応可能です。

画像:その他ソフトウェア、制御支援システム2