ネットワークシステム MPEG2トンネリングシステム

  • 防災システム
  • セキュリティ・監視

印刷する

画像:ネットワークシステム MPEG2トンネリングシステム

MPEG2トンネリングシステムは、H.264とMPEG2の2つのCODECを搭載した「デュアルCODEC」(NDC-1480(48.2KB) )を使用して、狭帯域な無線回線区間などに高画質なMPEG2マルチキャストを伝送させるためのシステムです。

特長

  • 送信側トランスコーダでLAN上に流れているMPEG2をH.264に変換し、対向先の受信側トランスコーダに伝送します。H.264映像の通信レートは64k~2Mbpsの間で設定可能なため、狭帯域の無線回線区間や衛星回線区間でも伝送可能です。また、受信側でMPEG2マルチキャストによる再配信が可能になります。
  • H.264映像をユニキャストとすることにより、マルチキャスト疎通が禁止されている無線区間やファイアウォール区間でも伝送できます。そのため、光回線断時に無線回線に迂回できないMPEG2マルチキャスト映像を迂回させることも可能になります。
  • 送信側トランスコーダは、受信するMPEG2映像を自動で巡回受信することができますので、H.264×1映像帯域の中で複数のMPEG2映像を伝送することが可能になります。
  • MPEG2とH.264のトランスコードはデジタル変換のため、画質の劣化がほとんどありません。
  • オプションの映像交換サーバにより複数のトランスコーダを統括制御して、複数の映像の中から伝送するものを選択することができます。

仕様

トランスコーダ仕様

項目 仕様
基本仕様
回線インタフェース
LANインタフェース 10/100BASE-TX (RJ-45) 2ポート
プロトコル IPv4、 TCP、 UDP、 RTP、 HTTP、 TELNET、 FTP、 SNTP、 SNMPv1、 IGMPv2(IPマルチキャスト対応)
端末インタフェース
映像インタフェース NTSC(BNC)またはS端子 入力各1ポート 出力各1ポート
音声インタフェース アナログ不平衡(3.5φステレオミニジャック) 入力1ポート 出力1ポート
赤外線受光部 1ポート 制御用に使用
電源/消費電力 電源 AC100V±10%  50/60Hz/消費電力 トランスコーダ:25VA デコーダ:20VA
動作環境 温度:-10~50℃(低温起動を除く) 湿度:93%以下 (結露なきこと)
外形寸法、質量 42(高)×212(幅)×244.5(奥行)mm (突起部含まず)、約1.2kg
その他 RoHS指令対応
H.264エンコーダ/デコーダ
映像圧縮 仕様 H.264/AVC(ISO/IEC14496-10)MP@L3(フレーム構成:I+P)
映像圧縮 符号化レート CBR / 128kbps~2Mbps
画像サイズ/フレームレート CIF、QVGA、VGA、Half-D1、D1 / 5fps ~ 30fps
音声圧縮 仕様 MPEG2 AAC(ISO/IEC13818-7/14496-3)Low Complexity Advanced Audio Coding
音声符号化レート 16kbps~320kbps/ステレオ サンプリング周波数:8kHz~48kHz
多重化方式 MPEG2 SYSTEM(ISO/IEC 13818-1) TS(Transport Steam)
その他 文字インポーズ機能、デコード映像自動巡回機能
MPEG2エンコーダ/デコーダ
映像圧縮 仕様 MPEG2 VIDEO(ISO/IEC 13818-2)MP@ML (フレーム構成:I+P、I+P+B、I+P+B+B)
映像圧縮 符号化レート CBR / 1.5M~10Mbps
画像サイズ/フレームレート Half-D1、D1 / 5fps~30fps
音声圧縮 仕様 MPEG1 Audio(ISO/IEC 11172-3)Layer2
音声符号化レート 32k~384kbps/ステレオ サンプリング周波数:32kHz、44.1kHz、48kHz
多重化方式 MPEG2 SYSTEM(ISO/IEC 13818-1) PS(Program Stream)
その他 文字インポーズ機能、デコード映像自動巡回機能

システム構成例

MPEG2映像の無線回線への迂回システム構成例

画像:MPEG2映像の無線回線への迂回システム構成例

MPEG2映像の無線回線への迂回システム構成例

画像:MPEG2映像の無線回線への迂回システム構成例