本文へスキップ

JRCのあゆみ

1915年創業時からの沿革をご紹介します。

印刷する

100th ANNIVERSARY 「思い」をつなげた一世紀。 これからも―。 100周年スペシャルサイト

沿革情報事業情報

1915年 12月
「匿名組合日本無線電信機製造所」を創立
1917年 3月
「合資会社日本無線電信機製造所」を創立
1920年 2月
日本無線電信電話株式会社」に改組。資本金100万円
1924年 4月
独・テレフンケン社と資本・技術に関し契約締結
1916年 12月
当社製品第1号、「ニッポンラジオ瞬滅火花式無線電信機」を完成
1918年 9月
当社初の「真空管」を完成
1922年 2月
日本初の「気象放送用無線機」を完成
1923年 12月
日本初の「500W真空管式送信機」を完成
1923年 12月
ラジオの部品と受信機の開発に着手
1930年 1月
東京・大崎に本社工場を建設・移転
1938年 7月
東京・三鷹(現在地)に工場を建設、移転
1942年 12月
「日本無線株式会社」と商号を変更
1930年 12月
優良ラジオ展にて「新型受信機」が1位を受賞
1932年 3月
全国産化の「出力500W放送機」を完成
1939年 
世界初の「キャビティ・マグネトロン」を完成
1945年 12月
新商標「」を採用
1949年 10月
「日本無線株式会社」(第二会社)として再発足
「長野日本無線株式会社」設立
「上田日本無線株式会社」設立
1953年 2月
東京証券取引所に株式を上場
1954年 10月
有限会社大阪無線電業所(現JRCシステムサービス株式会社)を設立
1955年 5月
「日本無線硝子株式会社」設立
1957年 4月
独・テレフンケン社と技術援助再契約
1957年 11月
佐世保日本無線株式会社を設立
1961年 7月
本社事務所を東京・港区虎ノ門に新設
1961年 10月
日本無線協力会が発足
1961年 12月
米国レイセオン社との合弁により新日本無線株式会社を新発足
1948年 11月
日本初の「超音波測深機」を完成
1952年 12月
日本初の「9GHz帯船舶レーダ」を完成
1954年 3月
日本初の「気象レーダ」を完成
1960年 2月
世界初の「トランジスタ化ロラン受信機」を発売
1960年 9月
「雨量水位テレメータ装置」を二瀬ダムに納入
1964年 8月
日本初の「同時通訳放送装置」を納入
「東京オリンピック大会の音響装置」を納入
1968年 8月
特機工場を新設
1969年 10月
研究所を三鷹製作所に新設
1975年 5月
「JRC do Brasil Empreendimentos Eletronicos Ltda.」 設立
1982年 4月
日本無線診療所を開設
1982年 5月
埼玉工場を新設
1983年 4月
ジェイ・アール・シーエンジニアリング株式会社を設立
1983年 4月
FA工場を新設
1983年 5月
本社事務所を東京・港区赤坂に移転
1970年 5月
「JAC-120汎用電子計算機」を発売
日本初の「デジタル方式フライトシミュレータ」を完成
1971年 5月
日本初の「リアルタイム信号解析装置」を発売
1975年 8月
日本初の「海事衛星船舶通信装置」を完成
1977年 6月
「アマチュア無線機」を発売
1979年 3月
「全固体化PCM・PSK多重無線通信装置」を完成
1983年 8月
「海事衛星船舶通信装置」のシェア世界一になる
1984年 8月
日本初の「船舶用GPS受信機」を開発
1985年 10月
ジェイ・アール・シー特機株式会社を設立
1986年 10月
PC板工場を新設
1990年 1月
資本金が100億円を超す
1994年 4月
JAPAN RADIO COMPANY(HK)LIMITED設立
1994年 7月
事業部制導入
2000年 6月
LPA工場を新設
2000年 10月
マリンフォネット株式会社(現JRCマリンフォネット株式会社)を設立
2002年 12月
本社事務所を東京・新宿区西新宿に移転
1990年 3月
世界初の「カーナビ向け車載用GPS受信機」を開発
1991年 9月
「GMDSS用無線通信設備シリーズ」を完成
1993年
当社初の国内携帯電話を出荷
2009年 8月
本社事務所を東京・杉並区荻窪に移転
2010年 12月
日清紡ホールディングス株式会社の連結子会社となる
2011年 4月
結雅希(上海)貿易有限公司を設立
2012年 9月
「新たな成長に向けた事業構造改革」の公表
2013年 12月
Alphatron Marine Beheer B.V.の議決権を51%取得
2014年 7月
本社事務所を東京・中野区中野に移転
2014年 8月
長野事業所を新設
2014年 12月
先端技術センターを新設
2015年 3月
長野事業所生産棟を新設
2015年 10月
創立100周年を迎える
2016年 3月
長野日本無線と上田日本無線株式会社を完全子会社化
2016年 5月
マリンサービスセンターを新設
2016年 8月
川越事業所を新設
2016年 10月
Alphatron Marine Beheer B.V. を完全子会社化
2017年 1月
PT. JRC SPECTRA INDNESIA を設立
2017年 4月
サンノゼ技術開発センターを新設
2017年 7月
Alphatron Marine Korea Co., Ltd. を設立
2017年 10月
日清紡ホールディングス株式会社の完全子会社となる
2006年 10月
「二輪車用ETC車載器JRM-11」を発売
2008年 5月
世界初の「新IMOレーダ性能基準対応レーダのMED検定」を取得
2010年 6月
世界初、レーダ狭帯域化を実現した「9GHz帯300W船舶用固体化レーダ」を開発
2011年 12月
世界初の「Sバンド・固体化気象レーダ」をフィリピンへ納入
2015年 7月
「Sバンド世界最小・最軽量固体化レーダ」の発売開始
2016年 5月
日本初の「コンパクトLTEシステム」を京都大学へ納入
2016年 7月
「二輪車用ETC2.0車載器JRM-21」を発売