簡易型AIS NTE-380

  • 航行支援
  • 漁業用機器
  • プレジャー

印刷する

画像:簡易型AIS NTE-380

画像:簡易型AIS NTE-380

すべての船舶にAISを*1
無線従事者資格不要*2、導入しやすい簡易型AIS*3

  • 小型船に装備しやすい軽量・コンパクト設計
  • ワンタッチでAISの送信を停止できる「サイレントモード」を標準搭載
  • 簡易型AISの工事設計認証取得済
  1. 義務船にクラスA AISとして搭載することはできません。
  2. 無線局の開局申請は必要です。
  3. AIS:Automatic Identification System(船舶自動識別装置)

特長

  • レーダーやプロッタに接続してAIS情報を表示
  • GPS航法装置やプロッタからGPS信号を入力しての接続が可能
  • Wi-Fiを標準搭載しており、他機器へAIS情報の送信が可能
  • GPSアンテナ内蔵のため、VHFアンテナの接続だけで利用可能*4
  • NMEA 0183、CANポート実装
  • IEC 60945 Ed.4.0準拠
  • 保護等級 IPX6(耐水形)/ IPX7(防浸形)準拠
  1. :船内でGPSを受信できる環境での取付けが必要です。

画像:レーダー JMA-1030表示画面例


レーダー JMA-1030表示画面例:
NTE-380と接続した場合の AISターゲット表示

構成

標準

品名 型名 備考 数量
AISトランスポンダ NTE-380 本体、ケーブル(電源、データ用)、マニュアル、クイックスタートガイド、CD-ROM、取付ネジ ×1

オプション

品名 型名 備考
VHFアンテナ 7ABJD0004 ・N型メス
・VSWR:帯域内1.5以下
・アンテナ利得:2.14 dBi
VHFアンテナ取付金具 MPBX41928A 7ABJD0004用
VHFアンテナケーブル用コネクタ 5JAKY00001 ・M型オス
・アルミック電機製
・MM10-5000
GPSアンテナ NAY-1200 DC3.3 V対応、ケーブル込15 m
AC/DC電源装置 NBD-904 入力 AC100/110/200/220 V、DC24 V
出力 DC24 V、6.5 A ※IP22 非対応
NBD-965 入力 AC100/110/200/220 V、DC24 V
出力 DC24 V、6.5 A ※IP22 対応

適合アンテナ一覧

NTE-380は、AISトランスポンダとVHFアンテナを含めて工事設計認証を合格した機器です。
NTE-380でご使用いただける適合アンテナのメーカー及び型名は、下記の表の通りです。また、適合アンテナと同一仕様であれば、表に記載されていないVHFアンテナでも使用が可能です 。

適合しないVHFアンテナを設置すると、工事設計認証の適用外となりますので、ご注意ください。
VHFアンテナは船舶へ設置するため、耐候性に優れた製品を使用してください。

工事設計認証

型式または名称 認証番号 認証合格年月日
NTE-380 007-AH0107 2019年5月29日

確認済みの適合アンテナ型名

メーカー VHFアンテナ型名
日本無線株式会社 7ABJD0004
第一電波工業株式会社 150MV
第一電波工業株式会社 150MVS
日本アンテナ株式会社 WH-150-3M1

適合アンテナ仕様

アンテナの基本形状 短縮波長 偏波面 利得 外観形状 指向性
ホイップ型アンテナ 1/2λ型 垂直偏波 2.15 dBi 1300mm±70mm 無指向

システム構成

画像:システム構成


外形寸法図単位:mm

AISトランスポンダ NTE-380
質量:約280 g

画像:NTE-380

GPSアンテナ NAY-1200
質量:約220 g

画像:NAY-1200

VHFアンテナ 7ABJD0004
質量:約300 g

画像:7ABJD0004

VHFアンテナ取付金具
MPBX41928A

画像:MPBX41928A

仕様

無線設備の種別 簡易型船舶自動識別装置(簡易型AIS)
型名 NTE-380
規格 工事設計認証(証明規則第2条第58号)
送受信周波数 161.500 - 162.025 MHz
 初期チャネル:161.975 MHz、162.025 MHz
 DSC(受信のみ):156.525 MHz
電波型式 G1D(F1D)、G2B(F2B)受信のみ
チャネル間隔 25 kHz
TDMA方式 キャリアセンス型
通信方式 同報通信 自動送受信
空中線電力 2 W
送信時間間隔 速度2ノット以下で航行中の場合:3分
速度2ノットを超えて航行中の場合:30秒
変調方式 GMSK
GPS受信形式 マルチチャネル(受信72チャネル)
GPS受信周波数 1575.42 MHz±1 MHz
GPS受信コード C / Aコード、L1
電源電圧 DC12 / 24 V
消費電流 受信時:150 mA typ. 送信時:2.0 A max.
インターフェース
ポート VHFアンテナ端子(インチ仕様 M型メス):1ポート
GPSアンテナ端子(TNC型メス):1ポート
CAN端子(メス型標準):1ポート
NMEA 0183端子(12芯専用コネクタ):1ポート
 電源入力
 サイレント用外部スイッチ
 IEC 61162-1センサー入力(4800 bps)
 IEC 61162-2外部機器出力(38400 bps)
 USB1.1
NMEA 0183入力
センテンス
DTM、RMC、HDT、THS、GBS、ACK、VSD、SSD、AIQ
NMEA 0183出力
センテンス
ACA、ACS、ALR、TXT、VDO、VDM、RMC、GBS、GGA、GLL
CAN入力
センテンス
127250
CAN出力
センテンス
129025、129026、129029、129038、129039、129040、 129041、129793、129794、129795、129796、129797、 129798、129801、129802、129809、129810
Wi-Fi*5 IEEE 802.11 b/g
環境条件
動作温度範囲 -20 ~ +55 ℃
動作周囲湿度 93 % RH(+40 ℃)
保護等級 IPX6(耐水形)/IPX7(防浸形)
  1. :Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。

NTE-380の開局・申請について

本簡易型AISを搭載する場合、無線従事者の資格は不要ですが総務省への無線航行移動局免許申請手続きは必要です。

<個人で開局・申請する場合>

本簡易型AISご使用の際は、総務大臣の免許が必要になります。総務大臣の免許を受けないまま本簡易型AISを使用すると、電波法110条の規定により一年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられることもありますのでご注意願います。
免許を受けるには、下記2種類の指定様式に必要事項を記載し総務省(各総合通信局又は沖縄総合通信事務所)の審査を受けて下さい。

・無線局免許(再免許)申請書

・無線局事項書及び工事設計書


詳細は、簡易型AIS(NTE-380)免許申請について(870KB)をご覧ください。