本文へスキップ

ニュース

印刷する

2019年5月21日

JMA-1030シリーズレーダー 開局・申請についてのお知らせ

お客様各位

日頃より、弊社製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

本年1月に、無線局免許申請書及び再免許書・無線局事項書及び工事設計書の様式が変更になりました。船舶用レーダー JMA-1030シリーズの製品情報に掲載している申請書記載方法についても、新様式に対応した記載方法に変更しましたことをご連絡します。

概要

本レーダー装置は電波を発射、利⽤する無線設備となります。本レーダーをご利⽤の前には電波法に従い無線局の開設申請が必要となります。
無線局を開設するには、下記の2種類の指定様式に必要事項を記載し、総務省(各総合通信局⼜は総合通信事務所)の審査を受けて、総務⼤⾂(各総合通信局⼜は総合通信事務所)の免許を受けることが必要です。

 ・無線局免許(再免許)申請書
 ・無線局事項書及び⼯事設計書

※詳細は、JMA-1030シリーズレーダー 開局・申請について(PDF 629KB)をご覧ください。


ご注意

無線局の開設申請を⾏わないまま、本レーダーを使⽤すると電波法第110条の規定により⼀年以下の懲役⼜は 100万円以下の罰⾦に処されますのでご注意願います。

※電波法の詳細は、こちらをご覧ください。

内容に関しましてご不明点等がありましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡をお願いします。

船舶電⼦機器に関するお問い合わせ

問い合わせ先

日本無線株式会社
マリンシステム営業部
Tel: 03-5534-1220 Fax: 03-5534-1199

お問い合わせフォームはこちら

    内容はリリース時現在のものです