太陽光発電データ遠隔収集システム

  • セキュリティ・監視

印刷する

画像:太陽光発電データ遠隔収集システム

概要

メガソーラーの発電状況を遠隔で監視。
集中管理で発電ロスを早期発見できる、理想的なメガソーラーシステムに!

画像:発電データ保管期間

ReMoEne とは?

リモエネは、メガソーラーおよび中規模太陽光発電施設向けの発電状況監視システムです。既存の太陽光発電施設でも簡単に発電監視システムを導入することができます。クラウドサーバを経由して遠隔監視します。リモエネは、「あらゆるお客様に理想のソーラー監視を提供したい」をコンセプトに、日本無線が有する優れたテレメトリング技術と、太陽光パネルを知りつくした日清紡メカトロニクスとのコラボレーションによって開発されました。

ReMoEne の構成イメージ

画像:ReMoEne の構成イメージ

ReMoEne の特長

山間部でもメガソーラーの遠隔発電監視の導入が可能

モバイル回線(FOMA/LTE)を使用しているため、インターネット回線のない山間部にあるメガソーラー、中規模太陽光発電施設でも導入が可能です。

画像:山間部でもメガソーラーの遠隔発電監視の導入が可能

既存のメガソーラーを簡単に「見える化」

必要な機器をコンパクトな屋外筐体"ReMoEneBOX"に集約しており、既存のメガソーラー、中規模太陽光発電施設にも簡単に設置できます。

画像:既存のメガソーラーを簡単に「見える化」

あなたのメガソーラーを常時監視

メガソーラーを常時監視しており、定期的(日次、月次、年次)な発電量のメール通知や、緊急時(パワーコンディショナー異常時など)におけるメール通知が可能です。

画像:あなたのメガソーラーを常時監視

クラウドだから、いつでも発電状況を確認

クラウド利用によって、インターネット上で動作履歴やリアルタイムの状況を確認できます。

画像:クラウドだから、いつでも発電状況を確認

予兆分析を使って事前対策を

太陽光発電システムからの収集データを分析し、故障の予兆をお知らせします。

画像:予兆分析を使って事前対策を

システム構成

画像:システム構成