本文へスキップ

船上通信用無線電話装置(基地局) JHS-400A

  • 船舶用通信機

印刷する

画像:国際VHF無線電話装置JHS-32B

JHS-400Aは、操船や荷役、救助などの作業時に使用する携帯局の通信範囲を拡張し、船内間、または船舶と桟橋・埠頭間通信を円滑に行うための基地局用400MHz帯船上通信設備です。

製品概要

マイクロプロセッサ搭載

高機能でしかも操作性を向上させるため、マイクロプロセッサ技術を駆使し、各回路を最適状態にコントロールしています。

高安定性

自動出力制御回路(APC)、電源安定化回路、大入力保護回路などの採用により、安定した通信が行えます。

エラー表示機能

動作不良時のエラー表示機能を備えているため、保守点検が容易です。

空中線電力切換機能

切換スイッチにより、空中線電力を定格の10%以下まで容易に低下できます。

遠隔制御器

  • NCE-6019遠隔制御器が2台まで接続可能で、無線機本体と同様の操作を、合計3ヶ所で切り換えて使用できます。
  • 各制御器および、無線機本体との間でインターホンとして通話が可能です。また、他で送信中の通話内容のモニタも可能です。

トーンスケルチ

トーンスケルチ回路が標準装備されていますので、ご注文によりトーン周波数が最大4波まで設定可能です。
トーンスケルチを使用することにより、同一電波を共用する場合に生ずる、不要な通信内容を聞くわずらわしさから開放されます。