ブラックボックス型魚群探知機 JFC-180BB

  • 漁業用機器

印刷する

操作

画像:全設定を呼び出せるCMキー

全設定を呼び出せるCMキー

CM (Condition Memory) キーを使用すると、全設定を瞬時に呼び出すことができます。同時に4つの異なる周波数に対して、それぞれエコー表示、パルス長、帯域幅ズーム表示、ゲインの設定をすることができます。レンジ、シフト、利得、送信出力、ホワイトラインの設定はオートを選択すれば、状況に合わせて設定値が自動的に選択・更新されます。

画像:専用操作部

専用操作部

操作部は、カラーバックライト付きで、簡単でわかりやすい設計です。キーボードにUSBポートとSDカードスロットを設置、画像(スクリーンショット)、ウェイポイント、各種設定値をバックアップできます。

画像:ヒービング機能

ヒービング機能

JFC-180BBは船の上下の動きを外部入力により補正する機能を標準で搭載しています。*1

このヒービング補正機能は、魚のエコーの深さ表示、海底映像を補正することができるため、高波の際に特に効果を発揮します。

画像:ヒービング機能

  1. GPSコンパスを接続。