本文へスキップ

ニュース

印刷する

2018年10月16日

情報統合型の着座式ブリッジコンソールを開発

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次、以下JRC日本無線)は、主要な航海情報の確認や機器操作を手元で同時に行うことを可能とし、さらに船舶の周囲状況の把握に集中できるように着座した状態で運用可能とした「情報統合型の着座式ブリッジコンソール」を開発しました。

経緯

当社は、航海士の業務効率向上やヒューマンエラー低減に寄与するブリッジコンソールの実現に向けて、オランダの子会社と共に取り組んできました。

このたび、この取り組み成果として、新コンセプト※1に基づく着座式ブリッジコンソールを開発。ジャパン マリンユナイテッド株式会社により建造され、日本郵船グループにより船舶管理が行われる大型コンテナ船シリーズに納入しました。


開発概要

本ブリッジコンソールは、船橋用とウィング用から構成されます。船橋用のコンソールでは、コンパクト化したコンソールに機器を統合配置することにより、主要な航海情報の確認や機器の操作を同時に行えるよう最適化しました。さらにブリッジオペレーションをより快適にし、船舶の周囲状況の把握に集中できるよう着座式としました。ウィング用コンソールでは、出入港や離着桟時のウィングにおける操船も考慮し、遠隔操作スタンドやマルチファンクションディスプレイが配置されています。

また、ブリッジコンソールに合わせて当社製の船舶運航支援装置J-Marine NeCSTも搭載されました。J-Marine NeCSTを活用することにより、輻輳海域にて航海士の当直人数が増えた場合でも容易に情報共有が可能となり、BRM※2効果の向上が期待されます。


JRC日本無線は、より安全かつ高効率な運航に寄与する様々なソリューションを今後も提供してまいります。


※1 新コンセプト
今回開発したブリッジコンソールでは、「情報統合型」と呼ぶ新たなコンセプトの下、人間工学に基づいたブリッジおよび航海計器のデザインや配置を最適化し、さらに各種機器の情報を集約化することで、航海のさらなる安全と効率の向上を図るものです。


※2 Bridge Resource Management:ヒューマンエラーや機器の故障による重大事故を予防するための体制を船橋内で構築する手法。


操作可能範囲のイメージ

操作可能範囲の3Dイメージ(作成:JRC日本無線)



着座式ブリッジコンソール

情報統合型の着座式ブリッジコンソール(前方)



着座式ブリッジコンソール後方より

情報統合型の着座式ブリッジコンソール(後方)



J-Marine NeCST

ブリッジ内に装備されたJ-Marine NeCST


※写真提供:ジャパン マリンユナイテッド株式会社


関連情報

ニュース(2017年5月17日発表)

航海情報管理の新時代に向け「J-Marine NeCST」を日本郵船(株)、(株)MTI と共同開発

J-Marine NeCST 製品情報

J-Marine Cloud(クラウド)スペシャルサイト内にてJ-Marine NeCSTの詳細を紹介しています。

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL : 03-6832-0721

(その他)

日本無線株式会社
マリンシステム営業部 国内営業グループ
Tel: 03-6832-1807

    内容はリリース時現在のものです