コンパクトリンクシステム

  • 防災システム

印刷する

画像:コンパクトリンクシステム

  • 大規模災害時の最低限の通信を確保し、孤立化を防止するための簡易な多重無線装置です。
  • 短距離から長距離の伝送区間に応じて、3種類(6.5/7.5/12GHz帯)の装置を利用できます。
  • IPインタフェースを備えているため直接IP端末が接続が可能です。 本装置は国電通仕第53号(平成16年3月12日制定)に準拠した装置です。

特長

  • コンパクトリンク(簡易型多重無線通信)システムは、IP機器が直接接続可能で、 また6.3Mbps電気インタフェースと混在可能なため、既存網を運用しながらIP網を追加できます。
  • 小型・軽量のため、新設や増設が簡単に施工でき、コストの低減や期間の縮小が図れます。

仕様

周波数帯 6.5/7.5/12GHz帯
伝送容量 13Mbps(無線伝送速度)
送信電力 6.5GHz帯:0.2W
7.5GHz帯:0.2W
12GHz帯:0.3W
インタフェース
下記インタフェースを組み合せ
1)6.3Mbps電気インタフェース(TDM機器用)
2)10BASE-T/100BASE-TX IPインタフェース(IP端末機器用)
電源電圧 -48V DC/100V AC

システム構成例

画像:システム構成例