本文へスキップ

ニュース

印刷する

2018年2月1日

80W IP-SNG可搬局 ASBU MENOS+プラットフォームでの伝送試験に成功

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次 以下JRC日本無線)は、Newtec社(本社:ベルギー シント=ニクラース、CEO:Thomas Van den Driessche)と共同で、ニュースなどの番組素材を放送局へ伝送する最新のJRC平面アンテナ型80W IP-SNG可搬局を用いてArab States Broadcasting Union(ASBU)のMENOS plus+プラットフォームへ接続し、小型軽量でありながら、32APSK、6Mb/sの伝送試験に成功しました。

今回の伝送試験結果によりASBUが要求する画質と現場での機器設置の速さを実証し、MENOS plus+プラットフォームで使用可能な可搬局として合格しました。

JRC日本無線は、今回の成果をさらに発展させ、今後も放送市場、防災市場などIPソリューションに貢献する製品を提供していきます。

平面アンテナ型80W IP-SNG可搬局

JRC平面アンテナ型80W IP-SNG可搬局

関連情報

Newtec社 ニュース(12 Jan 2018)

JRC succesfully tested on MENOS platform powered by ASBU & Newtec


お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL : 03-6832-0721

(その他)

日本無線株式会社
海外事業統括部 ソリューション営業グループ
TEL : 03-6832-0981

    内容はリリース時現在のものです