本文へスキップ

ニュース

印刷する

2017年11月30日[2017年11月30日 プレスリリース]

将来の自動運航に向けた「船舶の見える化」に成功

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次 以下JRC日本無線)は、株式会社商船三井(本社:東京都港区、社長:池田潤一郎)、およびJSAT MOBILE Communications株式会社(本社:東京都港区、社長:依田栄一)と共同で、航海データ記録装置(VDR:Voyage Data Recorder)に記録されるデータを大容量高速衛星通信サービス(インマルサット社の提供するFleet Xpress)を用いて陸上と共有できるネットワークを構築、および「船舶の見える化」に成功しました。

JRC日本無線は、株式会社商船三井所有の運航船にてJSAT MOBILE Communications株式会社が提供する大容量高速衛星通信サービス(インマルサットFleet Xpress)を利用し、陸船間ネットワーク構築、および「船舶の見える化」に成功しました。
具体的には、
・VDRが収集している本船の各種航海情報や主機関連のセンサー情報を、陸上でリアルタイムに受信してモニタリングすること
・受信データを陸上の電子海図情報表示装置(ECDIS)に転送して、ECDIS上で本船の動静を把握すること
・VDRに記録済の過去データを、衛星通信回線を利用して必要な時にいつでも入手できること
を確認しました。

今回の成功により、これまで課題とされていた以下のような問題点が克服されることが期待されます。
・従来、VDRデータは船上の本体内に蓄積されており、データを陸上に送るためには、ハードディスクドライブなどの補助記憶装置へ保存し、郵送する必要がありました。
・このため、航海中の入手は不可能であり、世界中の寄港地の郵送事情に左右され、適時入手が困難でした。

今後は、次のような活用方法も想定されます。
・本船の航行状況をリアルタイムで把握することにより、陸上からのサポートの強化が可能となり、一層の安全運航に繋がります。
・万が一の海難事故発生時も、事故に至るまでの本船の動静データや音声、レーダー画像も陸上の事故解析ソフト(プレイバックソフトウェア)で確認することができます。
 また、動静データについてはECDISへ転送することで事故に至るまでの本船の動静をより詳しく再現することができます。

当社は、今回の成果をさらに発展させ、今後も陸上からの船舶航行支援及び効率化に貢献する製品、システムを提供してまいります。

    ※VDRとは
    VDRは"船のブラックボックス"とも呼ばれ、衝突・沈没などの海難事故発生の際に本船から回収して、速度、舵、エンジン情報、船橋内の会話、VHF通信音声、レーダー映像などの航海情報を読み出して、事故原因の究明に活用されます。
陸上からVDRデータを取得する流れ

陸上からVDRデータを取得する流れ

陸上でモニタできるリアルタイムモニタ画像とECDISのイメージ

陸上でモニタできるリアルタイムモニタ画像とECDISのイメージ

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
Tel: 03-6832-0721

(その他)

日本無線株式会社
マリンシステム営業部 国内営業グループ
Tel: 03-6832-1807

    内容はリリース時現在のものです