本文へスキップ

ニュース

印刷する

2017年11月7日[2017年11月7日 プレスリリース]

展示会情報:『ハイウェイテクノフェア2017』に出展します

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒健次 以下JRC日本無線)は、2017年11月21日(火)と22日(水)の2日間、東京ビッグサイトで開催される「ハイウェイテクノフェア2017」に出展します。

JRC日本無線ブースでは、ミリ波帯のレーダを使うことで雨・雪などの悪天候や夜間・逆光などの視界不良でも安定した交通監視が可能な「ミリ波レーダ式交通監視システム」やマルチホップ通信でエリア一帯の車両衝突や地滑り検知に応用可能な「無線センサーネットによる道路監視システム」を展示します。
その他、今年の注目出展技術テーマである「インフラ建設・管理の生産性向上に役立つ技術」に応える技術として、橋梁などのインフラ構造物の劣化診断へ応用が期待される「バッテリレス・ワイヤレス・センサー」も参考出展します。

会場にお越しの際は弊社ブース(東7ホール A-6)にぜひお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

ミリ波レーダ式交通監視システム

主な出展機器

ミリ波レーダ式交通監視システム

無線センサーネットによる道路監視システム

バッテリレス・ワイヤレス・センサー

開催期間
2017年11月21日(火)~22日(水)
展示会場
東京ビッグサイト
小間番号
東7ホール A-6

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
Tel: 03-6832-0721

(その他)

日本無線株式会社
官公庁事業統括部 官公庁営業推進グループ

製品に関するお問い合わせはこちら

    内容はリリース時現在のものです