本文へスキップ

ニュース

印刷する

2017年7月18日[2017年7月18日 プレスリリース]

インドネシア現地法人の営業開始について
― 沿岸・防災分野の事業拡大へ ―

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、2017年1月30日付にてインドネシア共和国ジャカルタ首都特別州に合弁による現地法人「PT.JRC SPECTRA INDONESIA」を設立し、2017年6月2日より正式に営業を開始しました。


設立の背景と目的

当社のインドネシア事業は、主に日本からのODA(政府開発援助)を通じてインドネシア全海域をカバーする沿岸無線局の整備事業など40年以上にわたり通信分野のインフラ整備を手掛けてきました。近年、経済発展に伴う海上物流の活発化で船舶の安全航行を支援するシステムの需要が増加、また、洪水や火山噴火、地滑りといった自然災害による経済損失の拡大により防災への意識が高まり、自国の資金でもこのような諸問題を解決していこうという機運が高まっています。当社は、世界に向けて提供してきた沿岸無線設備の技術や日本で培った防災システムのノウハウを基に、現地独自のニーズにきめ細かく対応し、インドネシアへの「安全、安心の提供」をさらに強化するため現地法人を設立しました。

現地パートナーであるPT.SPECTRA SOLUSI INDONESIAは、当社の親会社である日清紡ホールディングス株式会社と20年以上の提携関係にある財閥ワルガ・ジャヤ・グループの関連会社であり、合弁会社への出資だけでなく、インドネシアにおける法人運営や事業ノウハウなどの提供を通じて協力頂いています。

今後の展開

当社の目指す「安全、安心の提供」を実現するため、現地スタッフを増員し、技術教育や販売員としての育成を進め、現地ニーズに応じたシステム提案・設計能力を強化します。
インドネシア自国予算による案件への対応やODA案件での現地調達力の強化を進め、JRCグループとしてインドネシアで年商20億円(本社売上含む)を当面の目標としています。

インドネシア現地法人

PT. JRC SPECTRA INDONESIA

インドネシア現地法人の概要

商号

PT. JRC SPECTRA INDONESIA

所在地

Wisma Keiai 8th Floor, Jl. Jend. Sudirman Kav.3, Jakarta 10220

代表者

石原 寛之(代表取締役社長)

事業内容

当社グループ製品の販売およびアフターサービス

社員数

14名(常勤取締役含む)

設立日

2017年1月30日

資本金

100億ルピア(約80百万円)

株主構成

日本無線株式会社:67%
PT. SPECTRA SOLUSI INDONESIA:33%

連絡先

TEL: +62-21-573-5765
FAX: +62-21-573-5691
E-mail: jrcjkt@japanradio.co.id

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL: 03-6832-0721
FAX: 03-6832-0993

    内容はリリース時現在のものです