本文へスキップ

ニュース

印刷する

2017年6月15日[2017年6月15日 プレスリリース]

高速無線規格IEEE802.11acに対応した無線LANアクセスポイントを発売

この度、日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、高速無線規格IEEE802.11acに対応した無線LANアクセスポイント「JRL-820AP2」を2017年6月30日より(「JRL-849AP2」は9月末より)発売します。この「JRL-800AP2シリーズ」は、2つの無線部を搭載し、さまざま無線ネットワークを構築可能です。搭載する無線部はそれぞれ最大300Mbps / 1.3Gbpsの高速データ通信を実現しています。
あわせて、保護等級 IP66相当で耐環境性が高く、施工が容易で経済性に優れた屋外筐体「GNS-6812 / 6814」を発売します。


無線LANアクセスポイント JRL-820AP2 / JRL-849AP2

JRL-820AP2

免許不要な周波数帯に対応 (2.4GHz帯、5.2 / 5.3GHz帯、5.6GHz帯)

JRL-849AP2

免許登録が必要な周波数帯にも対応 (2.4GHz帯、5.2 / 5.3GHz帯、5.6GHz帯、4.9GHz帯)

無線LANアクセスポイント

無線LANアクセスポイント JRL-820AP2 / JRL-849AP2

主な特長

高速無線規格

2つの無線部を内蔵しており、無線通信規格IEEE802.11n(最大300Mbps)、IEEE802.11ac(最大1.3Gbps)にそれぞれ対応し、高速データ通信を実現しています。

干渉の少ない4.9GHz帯に対応

JRL-849AP2は、干渉の少ない4.9GHz帯(5GHz帯無線アクセスシステム)に対応しています。
※4.9GHz帯製品をご使用になる場合は、最寄りの総合通信局(総務省)への登録が必要です。

多様な無線ネットワークに対応

Wi-Fiスポットとアクセス回線の無線化、リピータ動作、回線容量を増やすリンクアグリゲーション機能など。

ホップバイホップ型のメッシュネットワーク機能を搭載

無線回線を自律的に構築し、回線断などに対しても自動で迂回路を生成し、柔軟な回線構築が可能です。


仕様

型名 JRL-820AP2 [ JRL-849AP2 ]
無線部 I 対応周波数帯 2.4GHz, 5.2GHz, 5.3GHz, 5.6GHz, [ 4.9GHz ]
無線通信規格 IEEE802.11a/b/g/n [ j ]
無線伝送速度 300Mbps(2 x 2 MIMO)
無線部 II 対応周波数帯 2.4GHz, 5.2GHz, 5.3GHz, 5.6GHz, [ 4.9GHz ]
無線通信規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac [ j ]
無線伝送速度 1300Mbps(3 x 3 MIMO)
[ 11j ] : 300Mbps(2 x 2 MIMO)
アンテナ端子 無線部 I:SMA-J x 2,無線部 II:SMA-J x 3
LANインターフェース 10/100/1000Base-T AUTO-MDI/MDI-X
電源供給 IEEE802.3af(PoE)/ IEEE802.3at(PoE+)
DC12V(9.6~14.4V)
消費電力 ピーク電力:13W以下
間欠動作電力:1.2W以下
動作環境 温度:-20~+60℃,湿度:20~95%RH (結露無し)
耐振動性 JASO D-014-3.4.1
外形寸法( W x H x D ) 155 x 37 x 90mm (突起部含まず)
質量 0.46kg以下
 

屋外筐体 GNS-6812 / GNS-6814

GNS-6812

免許不要な周波数帯に対応 (2.4GHz帯、5.2 / 5.3GHz帯、5.6GHz帯)

GNS-6814

免許登録が必要な周波数帯にも対応 (2.4GHz帯、5.2 / 5.3GHz帯、5.6GHz帯、4.9GHz帯)

屋外筐体

屋外筐体 GNS-6812 / GNS-6814

主な特長

IP66対応の防水機構

保護特性IP66に対応し、台風などの激しい雨でも浸水の恐れがない防水性能を有します。

施工性,経済性の向上

本屋外筐体とPoE給電装置間をLANケーブル(最大100m)のみで接続するため、施工が簡単です。

アンテナと筐体を柱上に設置できるため、同軸ケーブルを敷設する必要がありません。

汎用の取り付けベルトが使用可能であり、Φ60~400mmのポールに取り付け可能です。

LAN用避雷器標準装備

イーサネットケーブルからの誘導雷によるサージから装置を保護します。


仕様

型名 GNS-6812 / GNS-6814
アンテナ端子 無線部 I:筐体上部 N-J x 2
無線部 II:筐体下部 N-J x 2 (option: N-J x 3)
LANインターフェース 10 / 100 / 1000Base-T AUTO-MDI / MDI-X
電源供給 IEEE802.3af(PoE)/ IEEE802.3at(PoE+)電源供給方式
動作環境 温度:-20~+65℃、湿度:~95%RH(結露無し)
保護等級 IP66
耐風圧 通信可能60m/s、非破壊90m/s
耐雷性 JIS C 5381-21カテゴリC2、D1対応
外形寸法( W x H x D ) 274.2 x 173.2 x 121 mm(突起部含まず)
質量 3.10kg以下
オプション 撥水塗装、耐重塩害塗装、環境色塗装、アンテナ取り付けOption他 (11ac 3 x 3対応)

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL: 03-6832-0721
FAX: 03-6832-0993

(その他)

日本無線株式会社
官公庁事業統括部 官公庁営業推進グループ
TEL: 03-6832-1746

  1. 内容はリリース時現在のものです