本文へスキップ

ニュース

印刷する

2016年4月8日[2016年4月7日 プレスリリース]

展示会情報:『SEA JAPAN 2016』に舶用電子機器を出展

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:土田隆平 以下JRC日本無線)は、2016年4月13日(水)から15日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「SEA JAPAN 2016」に、最新舶用電子機器を出展いたします。

JRC日本無線ブースでは、タッチパネル操作対応のサテライト・ログ(MSC.334(90) SDME対応)をはじめ、最新のレーダー、ECDIS、コニング(Bridge Alarm Management対応)航法装置を展示します。

これら航法装置と合わせて、気象・海象情報をベースに最適航路を提案する航路計画支援ツール(J-Marine Routing)や船舶の運航状態を見える化する船舶運航管理サービス(J-Marine GIS for Web Pro)など、JRC日本無線が提供する船舶の運航と管理を総合的にサポートする情報サービス(J-Marine Cloud)を紹介します。

JLN-720 サテライト・ログ装置

JLN-720 サテライト・ログ装置

新型航法装置

新型航法装置

J-Marine Routing画面例

J-Marine Routing画面例

J-Marine GIS for Web Pro画面例

J-Marine GIS for Web Pro画面例

さらにインマルサットの船舶向け次世代高速通信サービスであるFleet Xpressに対応する、Kaバンド(GX)とLバンド(FB)の衛星通信端末装置を展示します。

会場へお越しの際はぜひ弊社ブース(JPN-107)にお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

SEA JAPAN 2016 当社ブースイメージ【JPN-107】

(ブースイメージ図) SEA JAPAN 2016 当社ブースイメージ【JPN-107】

【主な出展機器】

JRC日本無線

SDME対応サテライト・ログ

JLN-720 新製品

26インチワイド自立型レーダー(MFD)

JMR-9200シリーズ

26インチワイド自立型ECDIS(MFD)

JAN-9201

26インチワイド自立型コニング(MFD)

JAN-9202

Fleet Xpress対応 Ka帯衛星通信端末装置

JUE-60GX

Inmarsat FB500

JUE-501

航路計画支援ツール

J-Marine Routing

船舶運航管理サービス

J-Marine GIS for Web Pro

新型ECDIS対応 e-Learningソフトウェア

J-Marine ETS

JRC日本無線/Alphatron Marine

26インチワイド自立型DPシステム

AlphaDynaPos(参考出品)


開催期間
2016年4月13日[水]~15日[金]
展示会場
東京ビッグサイト 東 5・6ホール
ブース番号
JPN-107

より詳しい情報は[SEA JAPAN 2016] 公式サイトでご覧いただけます

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
Tel: 03-6832-0455

(その他)

日本無線株式会社
海上機器営業部 国内営業グループ
Tel: 03-6832-1807/FAX:03-6832-1845

  1. 内容はリリース時現在のものです