本文へスキップ

ニュース

印刷する

2006年12月1日 [2006.11.30 プレスリリース]

SOLAS 船向け船舶用固体化レーダー装置を開発し、本格的な海上評価を開始

日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下JRC 日本無線)は、将来の航海用レーダーの技術的方向性を左右するSOLAS 船向け船舶用固体化レーダー装置を国内で初めて開発し、2006年11月10日(金)実験局免許を取得し、本格的な海上評価を開始しました。

本装置は、2008年7月1日より施行される新IMOレーダー性能基準MSC192(79)に適合する新しいレーダー技術を活用した船舶搭載型Sバンドレーダー装置で、SOLAS船を対象にしています。技術基盤は、JRC 日本無線が、長年にわたり特殊用途向けに開発・生産している大電力増幅管や線形フィルタを組み合わせたレーダー装置にあります。それらは大規模で高価なシステムで構成されており、一般の船舶に搭載するには適していませんでした。そこで、小型・低価格を実現するために、高出力固体素子を用いたSバンド小型送受信一体モジュールを開発し、従来の船舶用レーダー空中線に内蔵可能な構造とし、更に信号処理部を集積化して小型化を図り、市場ニーズにあったレーダー装置を開発しました。

本装置は、従来の数十KWの大出力マイクロ波管を用いた船舶用レーダー装置とは異なり、パルス幅の広い数百W出力のレーダー装置で、遠距離感度については従来の船舶用レーダーと同等性能を確保し、レーダーの永遠の課題である海面反射波や雨雪反射波に対する抑圧性能の向上が期待できると共に、顧客にとって維持費の大幅な削減が可能となるなどの優れた特長も持っています。

JRC 日本無線は、今後、前述の新IMOレーダー性能基準に基づく海上評価と実船でのダイナミックな評価を行い、船舶の安全航行に貢献できる商品を目指し、2008年7月以降の製品投入を予定しています。

画像:試作固体化レーダーシステム

お問い合わせ先

当製品に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

日本無線株式会社

海上機器営業部 国内営業グループ
TEL.03-3348-2351
コーポレートセンター  広報担当
TEL.0422-45-9774
pr@jrc.co.jp

  1. 内容はリリース時現在のものです