ニュース

展示会情報:『Singapore Airshow 2024』に出展します

展示会

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:小洗 健、以下JRC)は、2024年2月20日(火)~2月23日(金)までの4日間、シンガポールにて開催される「Singapore Airshow 2024」※1の防衛装備庁(ATLA)ブース内にプライベートLTEシステムを出展します。

概要

JRCの展示コーナーでは、「ワイヤレス・ミッション・クリティカル・コミュニケーション」※2を実現するプライベートLTEソリューションをご提案します。 携帯電話回線が使用不可の環境でも高速・高セキュリティの通信環境を直ちに構築し、映像による迅速な情報収集を可能にするオールインワンの可搬型LTE基地局システムなどを紹介します。

会場へお越しの際はぜひ防衛装備庁ブース(ホールA, A-V05)にお立ち寄りください。ご来場を心よりお待ちしております。

出展機器

Tactical LTE Box JRL-174

JRL-174 は、公共安全、防衛、公益事業、石油、ガス、鉱業などのミッションクリティカルな用途向けに設計されたオールインワンの可搬型 LTE基地局システムです。 ミリタリーグレードの設計で高い耐久性(防塵防水、耐振動・耐衝撃)を有しています。 電源ボタンを押すだけの簡単な起動手順で、簡単かつ迅速に操作できるように設計されています。

image01

MCPTT Software

スマートフォンアプリケーション

JRCのMCPTTアプリケーションは、公共安全、防衛、鉱業向けに設計された、信頼性の高いミッションクリティカルコミュニケーションを実現するアプリケーションソフトウェアです。MCPTT、MCVideo、MCDataなどの機能を備えています。

image02

管理者用アプリケーション

現場から情報を収集し、ユーザーの活動を可視化する管理者用アプリケーションです。
スマートフォンユーザーとのプッシュトゥトーク、ビデオ通話、データ通信、メッセージングのやり取りはもちろん、管理者用モニターにユーザー位置と複数端末からの映像をリアルタイムで表示することを可能とし、業務遂行の最適化に貢献します。

image03アプリケーション画面

カタログダウンロード

出展情報

開催期間 2024年2月20日(火)~2月23日(金)
展示会場 Changi Exhibition Centre(シンガポール)
小間番号 ホールA、A-V05
公式サイト https://www.singaporeairshow.com/trade

 

JRCのプライベートLTEの特長

当社は海外市場でプライベートLTEを展開する数少ない国内サプライヤーとして、プライベートネットワークユーザーに最適なコンパクト・低コストのシステムに加え、ユニークな機能と様々な顧客要求に応える技術応用力で、競合他社にはないソリューションを提供しています。例えば、車に搭載したり人が背負ったりする可搬型基地局は、携帯電話やインターネットが使用できない災害現場や事故現場でもわずか数分で一時的な高速無線ネットワークを構築できます。そしてスマートフォン上での映像や大容量データの送受信、人の位置や移動状況の把握を可能とするデジタルアプリケーションも提供し、あらゆる業種の業務改善に貢献します。

JRCが提供するサービス

当社は世界各国の様々な周波数に対応する基地局からコア網、端末、アプリケーションまでのトータルシステムの他、エリア設計、システム設計、運用支援といったサービスまでオールインワンソリューションを提供します。
また、納入したプライベートLTEは、次世代通信ネットワークのローカル5Gへのマイグレーションを可能にし、当社はそのサービスも提供いたします。


※1 Singapore Airshow(シンガポール航空ショー)
「Singapore Airshow」は、世界の航空業界の未来を形作る、アジアで最も影響力のある国際的な航空ショーです(隔年開催)。 主要な業界関係者、政府および軍のトップが集まり、世界の航空宇宙および防衛分野の利益を促進するための解決策と戦略を模索します。(公式サイトより抜粋)

※2 ワイヤレス・ミッション・クリティカル・コミュニケーション
企業や組織のミッション・クリティカル(任務や業務の遂行に必要不可欠)なシステムのひとつとして提供される通信ネットワーク。ネットワークの遅延を最小限に抑えたリアルタイム機能と高い信頼性により、ユーザーは安心して通信を信用できる。従来のプッシュトゥトーク(Push-to-Talk)を超えたプッシュトゥビデオ(Push-to-Video)、ビデオ共有、グループチャット、ファイル共有、場所共有など数多くの機能を実現。広範な用途やユースケースにおいて、効率的、安全、およびコスト効果が高いソリューションを実現。

お問い合わせ先

報道機関
日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
Tel:03-6832-0721


製品に関するお問い合わせ
日本無線株式会社
事業本部 5Gプロジェクト室 営業統括グループ
Tel:049-257-6468

注)内容はリリース時現在のものです

¥