本文へスキップ

ニュース

印刷する

2022年2月4日

産官学で、次世代移動通信システム用デバイスの開発を推進
Beyond 5G向けIoTソリューション構築プラットフォームの研究開発を本格化

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:小洗 健、以下 JRC)は、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:野村勝明、以下 シャープ)、シャープセミコンダクターイノベーション株式会社(本社:奈良県天理市、代表取締役社長:藤野宏晃、以下 SSIC)、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科(所在地:東京都文京区、研究科長:染谷隆夫、以下 東京大学)、国立大学法人東京工業大学(所在地:東京都目黒区、学長:益一哉、以下 東京工業大学)の4者と共に、2021年10月に、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の委託研究の公募において、「継続的進化を可能とする Beyond 5G(B5G)IoT SoC※1及びIoTソリューション構築プラットホームの研究開発」が採択※2されたことを受け、開発環境の整備や基礎検討を進めてまいりました。これらの環境整備や基礎検討が概ね完了したことから、本月より、本格的な研究開発に移行します。

本件に参画する5者は、IoTソリューション構築プラットフォーム実現を目的に、プラットフォームを構成するソフトウェア無線ベースバンド※3SoCとミリ波対応RF CMOSトランシーバ※4ICの研究開発に取り組みます。JRCはこの中で、DSP(Digital Signal Processor:デジタル信号処理に特化したプロセッサー)ソフトウェア無線のL1層ソフトウェアの開発を担当しています。


リリース内容はこちら(PDFファイル:339KB)をご参照ください。



※1:System on Chipの略。システムの動作に必要な機能の多くを、一つの半導体に実装すること。
※2:総務省のB5G推進戦略に基づき、NICTのB5G機能実現型プログラムの研究開発テーマの一つとして採択。
※3:データ通信における信号の処理・制御および管理のこと。
※4:アンテナを通して、電波を送受信すること。

お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
TEL: 03-6832-0721

    内容はリリース時現在のものです