船内LANシステム

  • 海洋版GIS

印刷する

画像:船内LANシステム

船内LANシステム

船内LANシステムは、航海及び観測における各種データを収集し、一元管理することにより、収集したデータを船内各所でモニタリングすることができます。また、インマルサット等の衛星通信装置を利用して船陸間通信を行うことで、データを共有できます。船舶の安全運航、作業効率の向上、調査研究、及び航海学習を支援する統合化ネットワークシステムです。

特長

航海、観測、研究に必要な各種データの収集

航海情報、機関情報、気象情報、タンク情報の収集と一元管理。

情報伝達の迅速化・正確化

  • 船内各所からWEBによるリアルタイムモニタリング。
  • 収集したデータを蓄積保存、バックアップ。

陸船間コミュニケーションによるデータ共有

衛星通信装置を利用し、船陸間で通信を行い、データ共有が可能。

画像:陸船間コミュニケーションによるデータ共有

運航管理(オプション)

航海情報・機関情報等を陸上側で表示することにより、船舶の運行管理を支援。

運航支援、新聞配信(オプション)

  • 船内でインターネットやEメールを利用が可能。
  • インターネットで入手したニュースを、陸上設備から船舶へ送信。
  • 船内で電子掲示板によりニュースを閲覧することが可能。

デジタルライブラリー(オプション)

  • 本船に関わる図面類の検索、閲覧が可能。
  • 図面はPDF形式または図形ファイルで登録し、Webブラウザ上から操作可能。

J-Marine Cloud連携(オプション)

船陸間でデーター交換を行うために必要なハードウェア(ファイルサーバ、WEBサーバ、メールサーバ等)を、クラウドサービスを利用することにより、保守メンテナンスを軽減可能。

静止画キャプチャー(オプション)

ECDISやレーダーの映像を、静止画でキャプチャーし、Webブラウザから閲覧可能。

AIS重畳表示(オプション)

自船周辺のAIS搭載船の位置を、海図上にシンボルマーク表示。

画像:J-MARINECLOUD