ソフトウェア METER STUDIO

  • シミュレーター

印刷する

画像:ソフトウェア METER STUDIO

特長

METER STUDIO DEVELOPER【メータースタジオ”ディベロッパー”】

次世代インタフェースデザインの開発支援ソフト

  • ハードウェア作成前に、新しいメーターのGUIの検証作業が可能です。
  • フレーム、ニードル、アイコンなどの形状、色、配置を簡単にレイアウト可能です。
  • CADで設計した3Dデータ(fbx形式)を読み込むことが可能です。
  • 任意のサウンド(mp3型式/wav型式)の鳴動が可能です。
  • 任意のテキストをメーターパネル上に追加表示することが可能です。

METER STUDIO VIEWER【メータースタジオ”ビューア”】

制作したメーターグラフィックを外部から制御可能

  • デバッグソフトにて外部から簡単に通信制御が可能です。
  • LAN経由での通信制御
  • CAN-USBを接続しての通信制御(オプション)
  • CAN-Bluetoothを接続しての通信制御(オプション)

画像:METER STUDIO VIEWER

画面例

メーターグラフィックの視認性、夜間点灯モード時の状態、動作時の様子等、様々なシーンの再現が短時間で可能です。

画像:メーターグラフィック1

メーターリングやニードルの色変更が容易なので、比較検討に最適です。

画像:メーターグラフィック2

車載ECUの情報からニードルの回転を制御できるので、ハードウェア完成前に視認性の検証が可能です。

画像:メーターグラフィック3

アイコンのレイアウト変更が簡単なうえ、外部からの通信で点灯・消灯・点滅・同期点滅等を制御可能です。

データ制作

画像:データ制作の流れ

メーターパネルの準備は、任意の3Dオブジェクト(.fbx)をインポートするだけです。設計データをすぐに活用することが出来、効率の良い作業が可能です。

※2Dオブジェクト(.png)のインポートも可能。

画像:メーターパネル

メータースタジオは設計用3Dデータを最大限活用できます。

速度計の初期設定では、Type-A(180km/h版)、Type-B(280km/h版)、Type-C(マイルMPH)の3種類から選択することができます。

テキスト表示領域をメーター上に配置し、外部からの通信にて任意のテキストを表示させることができます。また、フォント・色・スタイル等を変更することができます。

オプション

CAN-Blutoothトランシーバー

自動車に搭載されている診断用コネクタOBDIIを利用して車載ECUの情報(OBDII情報および流れるすべてのCAN情報)をCANバスから取得すると同時に、 ユーザーが車両や運転者に取り付けた任意のセンサ情報を別のCANバスから取得することができます。
また、本体内に最新のMEMS6軸センサ(3軸加速度センサ+3軸ジャイロセンサ)も搭載しており、車両の挙動を合わせて取得することが可能です。

画像:トランシーバー

製品構成

名称 数量 備考
METER STUDIO 一式  
Meter Studio developer 1 開発用ソフト
Meter Studio debugger 1 プログラムチェック用ソフト
Meter Studio viewer 1 再生用ソフト
対応OS:Windows OS、Android OS

動作環境

Microsoft Windows

ハードウェア CPU:Intel Core i7 以上
RAM:8GB 以上
OS Windows 7、Windows 8、Windows8.1
GPU NVIDIA GEFORCE GTX 760 以上
ディスプレイ解像度 1920×1080 ピクセル以上推奨