舶用電子機器 JSS-2150/2250/2500

  • 船舶用通信機
  • GMDSS

印刷する

画像:舶用電子機器 JSS-2150/2250/2500

特長

JSS-2150/2250/2500はGMDSSのクラスA DSCに対応したMF/HF無線装置です。

音声通信に限らず全ての通信モードで最大定格出力による連続運用を可能とした信頼性の高い設計と国際VHF無線電話装置と共通のジョグダイアルによる操作を採用しています。

6チャンネルSC聴守受信機内蔵

JSS-2150/2250/2500はGMDSSで規定する6チャンネルのクラスA DSC及びDSC聴守受信機*を内蔵したMF/HF無線装置です。他船や海岸局との通信を素早く効率的にサポートし、遭難時にはボタンを押すだけで遭難警報を送信することが可能です。また、周波数の連続聴守により遭難警報を常時監視します。

*DSCに関する新ITU-R勧告ITU M.493-13に合致

画像:6チャンネルSC聴守受信機内蔵

操作環境

JSS-2150/2250/2500は視認性に優れた3.8インチ高輝度液晶ディスプレイを採用し、お好みに合わせて明るさを10段階、コントラストを11段階で設定が可能です。またユーザーキーは使用頻度の高いメニューを指定することで直接アクセスが可能になります。これらの機能だけでなく、様々なメニューによりユーザーに合わせた操作環境を提供します。

避難警報ボタン

JSS-2150/2250/2500は誤操作防止のためカバー付き遭難警報ボタンを採用しています。遭難時にはこのボタンを押すことにより素早くDSCメッセージが送信でき、捜索救助の連絡を直ちに受け取ることができます。

画像:避難警報ボタン

デジタルアンプ

JSS-2150/2250/2500 MF/HF無線装置はクリアな音質を目指し、受信回路に高度なデジタルアンプを採用しています。これによってハンドセット/内蔵スピーカーでの明瞭な通話を提供します。

画像:デジタルアンプ

リモートコントローラ接続

JSS-2150/2250/2500はオプションとして2台目のコントローラを装備可能です。通常とは別にコントローラを設置したい場合等に対応します。2台目のコントローラからも1台目と同様の操作が可能で、登録済みユーザーチャンネルデータの転送も可能です。