ECDIS 電子海図情報表示装置 JAN-9201/7201

  • 航行支援

印刷する

画像:最新プロセッサを採用し、高速なチャート描画でスムーズな操作環境を提供

画像:JAN-9201/7201

画像:最新プロセッサを採用し、高速なチャート描画でスムーズな操作環境を提供

最新プロセッサを採用し、高速なチャート描画で
スムーズな操作環境を提供

  • 最新のIMO性能基準に適合し、MED型式認証を取得
  • ユーザーの声を反映させた直感的で使い易い表示・操作を実現
  • 航路編集と航路の安全チェックを統合し、より安全な航路計画をサポート
  • 運用に合わせた拡張が可能なソフトウェアライセンスで各種オプション機能を提供
  • チャートの最新性確保などを一括サポートするJ-Marine Cloudサービスを提供
  • 世界各地の様々な機関で機器別習熟トレーニング(TST)を実施

画像:RMS

ECDISとは

電子海図表示情報システム(ECDIS/Electronic Chart Display and Information System)は、航海計画と航路監視において、船舶の安全航行を支援するための航海情報装置となります。

本装置は、AISやレーダー、海上衝突予防装置(TT)の映像と海図情報との重畳によって、他船の動的情報を的確に表示することができます。また、危険水域に接近した場合には事前にアラームを作動させるなど、安全航行の中心的役割を果たすと共に、海難防止にも有用な装置として船舶の安全運航には欠かせない装置となります。

画像:洗練されたユーザーインターフェース

洗練されたユーザーインターフェース

JAN-9201/7201ではアイコン表示を基本とする「直感的に、より使い易い」シンプルなメニュー体系の新しいユーザーインターフェース(jGUI)を採用しています。重要なデータは画面上の決まった位置に常に表示され、メニュー表示には対応機能が一目でわかるアイコンを採用しています。また表示されているTTやAISのシンボルはカーソルを合わせるだけで対象の主要データをポップアップで表示します。

画像:航路編集・安全チェックを簡単に

航路編集・安全チェックを簡単に

新型ECDISでは、これまでグラフィック入力と数値入力の2つに分かれていた航路編集を一つに統合しました。チャート上で指定した変針点はすぐに数値化されて編集テーブルに追加され、数値データとして編集テーブルに入力された変針点はすぐにチャート上に反映されます。航路は4つまで同時に編集が可能で、各航路から切り出した一部分を相互に組み合わせたり、航路の一部/全部を入れ替えたりする編集操作にも対応します。
また、編集した航路データはボタン一つで安全チェックが実施できます。検出されたエラー情報はリスト表示され、該当する航路部分がチャート上・テーブル上で強調表示されるので、一目で確認でき、対応することができます。

画像:ECDISの搭載義務化

ECDISの搭載義務化

国際SOLAS条約の改訂によりIMOは、国際航海に従事する500トン以上の旅客船、及び3,000トン以上のタンカー、貨物船に対して、2012年7月より段階的にECDISの搭載を義務化しました。また、1台目のECDISを航海用の主装置とする場合、バックアップとして従来の紙海図もしくは2台目のECDISの装備が要求されます。(装備要件および操作資格については船舶の所属する旗国、船級での確認が必要です)

諸規則と主要諸元

本装置は、2004年12月に採択された航海情報表示関連(IMO決議MSC.191(79))、及び2006年12月に採択されたECDIS性能基準(IMO決議MSC.232(82))に適合しています。
その他の主要諸元は、下記のとおりです。

  • 電子海図表示機能/レーダー重畳機能 :IEC 61174準拠
  • 航海情報表示関連機能 :IEC 62288準拠
  • Track Control System(TCS)機能1 :IEC 62065準拠
  1. 対応するオートパイロット機種については別途お問い合わせください。