ブイテレメータシステム

  • 海洋版GIS

印刷する

画像:ブイテレメータシステム

ブイテレメータシステムは、洋上の浮体(ブイ)に機器を搭載し、「海水温、流向・流速、風向・風速などの海気象データの収集」および、「浮体位置、灯火、電源電圧など保守情報の監視」を行い、衛星通信を使用して、陸上設備へデータを伝送します。陸上設備では、電話応答装置によるテレホンサービスやホームページによる情報提供を行うことができます。

特長

気象データの収集

表層水温、流向・流速、風向・風速、ブイ基準位置を1時間ごとに定時送信。

画像:気象データの収集

保守データの監視

  • 浮体位置、灯火情報、電源電圧を1時間ごとに定時監視。
  • 灯火異常時は、即時警報送信。

太陽電池を利用した電源

10年間交換不要でメンテナンスフリーな蓄電池と太陽電池を利用(24時間365日安定した電源を供給)。

安定した伝送を可能とする衛星通信回線の利用

  • 陸上との通信は、小型アンテナで安定した遠距離通信を可能とする低軌道衛星通信回線(オーブコム衛星、イリジウム衛星)を利用。
  • 万が一ブイが流失した時には、位置情報を1時間ごとに定時送信するため追跡が可能。

電話サービス、ホームページサービス(オプション)

  • 電話応答装置による音声案内テレホンサービスの提供。
  • 計測データをインターネット上のホームページで利用可能。

画像:J-MARINECLOUD