本文へスキップ

ニュース

印刷する

2017年6月8日[2017年6月8日 プレスリリース]

10Gbpsを超える超高速近接無線通信の国際標準規格化が完了
― 大容量データの瞬時な送受信の実現により産業や生活のさらなるスマート化に貢献 ―

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、ソニー株式会社、日本電信電話株式会社、株式会社東芝 等と協力し、米国に本部を置く電気電子学会IEEEにおいて規格化活動を行い、10Gbpsを超える超高速近接無線通信を実現するIEEE802.15.3eの国際標準規格化を完了いたしました。当社は、本規格による超高速近接無線通信の活用により、新しいサービスやアプリケーションを創出し、産業や生活のさらなるスマート化に貢献してまいります。

本規格は、ISO/IEC 17568に登録されているTransferJet規格と比較して10倍以上の超高速転送を可能とし、4K解像度やバーチャルリアリティ(VR)の映像といった大容量データを瞬時に転送できます。さらに通信開始までの接続時間を2msec以下と大幅に短縮し、1対1の双方向通信における超高速なリンク確立を実現しました(表1)。これにより改札ゲート通過時のタッチにより瞬時に大容量コンテンツをゲットする用途(図1)のほか、イベント会場のKIOSK等で限定配布の大容量映像データを瞬時にゲットしたり(図2)、高速モバイルネットワークと連携し移動体設置のゲートで乗降時に大容量コンテンツをタッチで送受信する(図3)、また、個人の動画や画像データをタッチで高速アップロードしクラウド上のサーバーに転送するなど、新しいユースケースの創出や広がりが期待できます。なお、本規格をベースにした新たな高速近接通信規格TransferJet X(トランスファージェット エックス)の策定をTransferJetコンソーシアムが進めます。

当社は、高速近接無線技術研究組合*1の組合員として、多くの電子機器への搭載を目指し、TransferJet Xに対応したSoC (System on a Chip)を開発中です。超高速近接無線通信の活用により、新しいサービスやアプリケーションを創出し、産業や生活のさらなるスマート化に貢献してまいります。

*1:高速近接無線技術研究組合は大容量データ転送のためのミリ波による近接高速転送技術の開発を目的に設立
   組合員は、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社、日本無線株式会社
* TransferJetは、TransferJet コンソーシアムの商標です。



表1 仕様
キャリア周波数 60GHz帯
最大転送速度(SISO*) 13.1Gbps 256QAM
接続時間 2 msec以下
通信トポロジー 1対1 双方向
*SISO:Single-Input Single-Output


イメージ図

タッチ&ゲット

図1 歩きながらタッチで瞬時にゲット


キオスク等で限定配布

図2 KIOSK等で限定配布の大容量映像データを瞬時にゲット


移動体設置ゲートにタッチ

図3 高速モバイルネットワークと連携した移動体設置ゲートタッチで送受信


お問い合わせ先

(報道機関)

日本無線株式会社
経営企画部 広報担当
Tel: 03-6832-0721

  1. 内容はリリース時現在のものです