本文へスキップ

ニュース

印刷する

2016年10月24日

世界一周ヨットレース「Vendee Globe 2016」に出場する白石康次郎氏を応援しています

日本無線株式会社 (本社: 東京都中野区、代表取締役社長: 荒健次 以下JRC日本無線) は、単独無寄港無補給の世界一周ヨットレース「Vendee Globe (バンデ・グローブ) 2016」に出場する白石康次郎さんのヨット"Spirit of Yukoh 4 (スピリット オブ ユーコー 4)"にインマルサット フリートブロードバンド JUE-251を提供しています。

JRC日本無線は、世界一過酷と言われるヨットレース「Vendee Globe (バンデ・グローブ) 2016」に出場する白石康次郎さんの「安全・安心」をサポートしています。

白石氏

白石康次郎さんのヨット"Spirit of Yukoh 4 (スピリット オブ ユーコー 4)"に搭載された
当社製インマルサットJUE-251と船舶用レーダー JMA-1030

"Spirit of Yukoh 4 (スピリット オブ ユーコー 4)"に搭載されているJRC日本無線の機器

インマルサットフリートブロードバンド JUE-251

インマルサットフリートブロードバンド JUE-251は、赤道上空約36,000kmの軌道上にあるインマルサット静止衛星を通じて無線通信を行い、緊急時および外部との通信手段として搭載しています。

画像:JUE-251

船舶用レーダーJMA-1030

船舶用レーダーJMA-1030はレーダーとしての性能を十分に満たしており、取付場所が限られているヨットや小型船にも容易に取り付けられる小型設計が活かされています。

画像:JMA-1030

海洋冒険家 白石康次郎とは

白石康次郎さんはこれまで数々のレースに参戦している日本を代表する海洋冒険家です。これまでもヨットでの単独世界一周は3度経験しており、「Vendee Globe (バンデ・グローブ)」への参戦はアジア人初となります。

白石康次郎 公式ウェブサイト http://www.kojiro.jp/


Vendee Globe (バンデ・グローブ)とは

「Vendee Globe (バンデ・グローブ)」は4年に1度開催されるヨットレースで、フランスのバンデ県「レ・サーブル=ドロンヌ」の港をスタートし、大西洋、アフリカ、オーストラリア、南アメリカを通って南半球を一周した後、再びゴールの「レ・サーブル=ドロンヌ」の港へ戻ってくるまでのスピードを競うヨットレースです。 総航行距離は、南半球1周分の2万6千マイル (約4万8千km) で、約80日間 (2,000時間) たった一人で大型ヨットを操舵し、寄港をせず、補給もせずに世界一周を目指すため、「Vendee Globe (バンデ・グローブ)」は世界一過酷なヨットレースのひとつと言われています。

Vendee Globe 公式ウェブサイト http://www.vendeeglobe.org/en/

お問い合わせ先

日本無線株式会社
海上機器営業部 国内営業グループ
Tel: 03-6832-1807

  1. 内容はリリース時現在のものです

[お詫び]
トップページに掲載しておりました画像における白石氏の氏名を「白石康二郎氏」と誤って記載しておりました。正しくは「白石康次郎氏」でした。関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。