二輪車用ETC車載器 安全にお使いいただくために

  • ITS

印刷する

※お客様による本車載器のお取り付けはできません。
必ず本車載器の取扱店にて取り付けてください。

はじめに

必ず、最新のETCシステム利用規程等をお読みいただいた上でご利用ください

ETCシステム利用規程、同実施細則(以下「利用規程等」という。)、ETCカードの利用約款などに、ご利用上の注意事項が記載されています。また、特に、エラーや事故の発生の原因になる事項について、以下に記載しました。ETCのご利用前に、必ずお読みください。

並走・追抜禁止

料金所レーン内で並走・追い抜きをすると、正常な通信の妨げになり、開閉棒が開かないことがあります。
重大事故につながる恐れがありますので、絶対におやめください。

開閉棒に注意

ETCレーンに設置されている開閉棒は、正常な通信ができないなどの理由により開かないことがあります。
前を走行する車と十分な車間距離を保持した上で、十分に減速し、開閉棒が開いたことを確認してから通行してください。

速度20km/h以下厳守

ETCレーンに設置されている開閉棒は、正常な通信ができないなどの理由により開かないことがあります。
20km/hを超える速度で進入した場合、開閉棒に接触するなどにより、重大事故につながる恐れがあります。20km/h以下に減速し、徐行して通行してください。

ETCのご利用の前に

ETCをご利用になるためにはETCカードとETC車載器が必要となります。ETCのご利用前にはETCカードの申し込みと車載器の購入・取付けを行ってください。

1.ETCカードを申し込む
  • ETCは車載器にETCの機能を有したカード(ETCカード)を挿入することでご利用可能となります。
    クレジットカード会社等の発行するETCカードを取得してください。ETCカードは個人または法人単位で取得できます。なお、既に自動車でETCをご利用いただいている場合は、現在お使いのETCカードをそのままご利用いただけます。
2.車載器の購入と取付けについて
  • 車載器は、適正な通行料金をお支払いいただくために必要な情報を、料金所のアンテナと無線通信する機能を持っています。二輪車用としてメーカが指定した車載器を、二輪車用車載器の取扱店で購入・取付けをしてください。
  • ETCカードを挿入しないとETCレーンで開閉棒が開かないため、重大な事故になる恐れがありますので、必ずETCカードを挿入して通行してください。
3.セットアップについて
車載器は、取付けた車両の情報を書き込む(これをセットアップといいます。)ことで利用できるようになります。
ETCを利用する車両を特定し、適正な通行料金を算出するためには、セットアップは必要不可欠です。
ナンバープレートを変更した場合や他の車両に車載器を載せ替えた場合は、必ず再セットアップ(有償)を行ってください。再セットアップの手続きについては、最寄りの二輪車用車載器の取扱店へご相談ください。また、ひとつの車載器を複数の車両で共有することはできません。
なお、二輪車ETCセットアップ申し込みの際に、車両の所有者の個人情報を登録していただくことになります。詳しくは二輪車用車載器取扱店でご確認ください。
*ETCカードのお申し込みと車載器の購入・取付け・セットアップは、それぞれ別々に行いますが、車載器取扱店によっては、一括してお申し込みいただける場合もあります。

注意事項

ETCの走行にあたって

1.乗車時(ETCカードのセット)
  • ETCカードには有効期限がありますので、必ずご確認の上、利用可能なETCカードをセットしてください。
  • ETCカードを車載器に確実に挿入し、正常に動作することを確認してください。正常に挿入され、通信が行える状態になると車載器のインジケータ部分が緑色に点灯します。
2.料金所通過時(ETCレーンの通過)
  • 十分に減速(20km/h以下)した上で、ETCレーンに設置されている開閉棒が開いたことを確認し、通行してください。
  • 前を走行する車両が何らかの理由で停車することがあります。十分な車間距離を保持し、通行してください。
  • 並走・追越し・蛇行・斜行等を行った場合、ETCが正常に動作せず、重大事故につながる可能性があります。料金所レーン内では十分な車間をとり、1台ずつまっすぐに進入してください。
  • 渋滞などでETCレーンに自動車が停車している場合も、絶対に追い抜きはしないでください。重大事故につながる可能性があります。
  • ETCレーン内では路面表示(レーンマーク)にしたがって走行するようにしてください。
    案内板や路面表示等により、二輪車が通行可能なETC車線であることを確認し、進入してください。
  • 一部の本線料金所において、料金所左側のETCレーンの利用を推奨しています。対象となる本線料金所では、「二輪ETC左へ」などの誘導案内板を設置しています。
3.降車時(カードの取り出し)
  • 二輪車から降車する時は、盗難防止のため必ずETCカードを取り出してください。

異常発生時の留意事項

  • 「ETC」もしくは「ETC専用」の表示があるレーンを通行中に開閉棒が開かなかった際は、後続車両による追突事故の防止などお客さまの安全を確保するため、開閉棒および後続車両等に十分注意を払い、安全を確認の上、開閉棒を避けて通過し、ETCレーンから退避してください。この場合、安全を確認の上、駐停車が禁止されていない場所から遅滞なくETCレーンを管理する高速道路会社等に連絡し、指示にしたがってください。
  • 後退、Uターン等をしたり、他の車線に移動したりしないでください。

ETCレーンを利用できない場合

  • ETCレーンが閉鎖している場合は、一般レーンを利用してください。
    入口で通行券を受け取った場合は、出口ではETC走行ができません。
    必ず一般レーンを利用し、係員に通行券およびETCカードを提示してください。
  • ETCレーンが整備されていない料金所では一般レーンを利用してください。
    入口をETCで通過し、出口でETCを利用できない場合は一般レーンにおいて係員にETCカードを提示してください。なお、無理な車線変更は危険なので絶対に行わないでください。

車載器の取り扱いについて

  • アンテナ部の設置場所や角度を変更しないでください。また、アンテナ部を覆うように物を置いたりしないでください。
  • 車載器の分解、改造等、機能を損なうおそれのある行為は絶対に行わないでください。重大事故につながる可能性があります。

ETCカードの取扱いについて

  • 有効期限を過ぎているETCカードではETCを利用できませんのでご注意ください。
  • ETCカードの分解、改造等、機能を損なうおそれのある行為は行わないでください。
  • ETCカードを紛失、盗難等により亡失した場合および破損、変形した場合は直ちにその旨をETCカード発行者に通知してください。

オプションサービス

ETC利用照会サービス

ETCを利用した際の利用証明書をインターネットから取り出し、お客様のプリンタで印刷することができます。ご利用にあたっては車両番号およびETCカード番号が必要です。詳しくはこちらのサイトをご利用ください。なお、登録手続きは不要です。ご利用料もかかりません。

二輪車ETCの関連サービス ETC総合情報ポータルサイト

ETCをご利用いただいているみなさまに対し、以下に示すような助成制度や料金割引等の各種サービスがあります。

  • マイレージサービス
  • 時間帯割引(早朝深夜割引、通勤割引、曜日別 時間帯別割引など)
  • 障害者割引
  • ETCパーソナルカード 等

それぞれのサービスには利用条件が設定されていますので、詳しくはこちらのサイト にアクセスしてご確認ください。

※ETCご利用の際には、各高速道路株式会社・地方道路公社の定める供用約款、営業規則、ETCシステム利用規程等に従ってご利用ください。