気象レーダシステム Sバンド気象ドップラレーダ

  • 気象レーダー

印刷する

画像:Sバンド気象ドップラレーダ

Sバンド気象ドップラレーダは降雨雪強度、速度を三次元的に検出し、気象現況の把握あるいは激しい災害現象をもたらす気象予測に使用する気象観測用ドップラレーダシステムです。最新のレーダセンサーおよび各種処理装置により、高安定、高精度、多種類のデータ出力を可能としています。

特長

  • 直径5mパラボラアンテナを使用し、全方位および-2°から+60°の仰角範囲を、毎分1~6回転で高精度に走査が可能です。送信管にはSバンドクライストロンを使用し、最新の高圧変調回路にて安定した送信電力を供給しています。
  • 運用監視制御用コンピュータにて観測手順をプログラミングすることで、強度/ドップラ観測を様々な空中線仰角および水平走査速度により実行し、最大半径440kmの範囲における気象現象を三次元的に自動観測できます。
  • 得られたエコー強度、ドップラ速度、速度幅の観測元データや加工処理された各種気象プロダクトが、運用監視制御用およびデータ処理収録用PCにカラー表示されます。また大容量ハードディスクや小型磁気テープに各種データを自動収録できます。
  • GPS時計を採用し、複数台のレーダ装置の観測同期を取ることが可能です。データ圧縮等の処理により64kbps程度の狭帯域通信ネットワークでも遠隔地からのシステム運用が可能です。

仕様

レドーム直径 8m
空中線ビーム幅 1.7°(3dB電力低下点)
周波数 2.8GHz帯
送信管および送信出力 クライストロン、500kW(ピーク)
変調器 固体化変調器
受信機 低雑音高安定デジタル受信機
受信機ダイナミックレンジ 80dB以上
速度検出、クラッタ除去 FFT方式
データ処理半径 強度:440km、ドップラ速度:200km
データ処理系 Linuxベース・コンピュータ(PC)

システム構成例

システム構成例:Sバンド気象ドップラレーダ