UHFテレメータ・テレコントロールシステム

  • セキュリティ・監視

印刷する

画像:UHFテレメータ・テレコントロールシステム

本システムは、パイプライン設備の圧力、流量、設備状況等のテレメータ情報を親局へ無線伝送し、親局からの指令により、現場設備の制御を行うための無線システムです。

特長

  • 親局との通信は、400MHz帯無線回線を使用して、データ伝送及び通話が行えます。
  • 無線装置は送信/受信を別々の周波数を使用することにより同時送受信が可能です。
  • 自営の回線構築により、専用回線料などのランニングコストは不要です。
  • 親局との通信制御に必要な機能を1つのラックに収容したコンパクトな構成となっています。
  • IP化対応や、静止画伝送等のアプリケーションを追加することも可能です。(オプション)

仕様

子局装置本体 外形寸法 500×199×320mm
入力電源 DC12V±10%
周波数帯 335.4〜470MHz(指定による)
出力電力 0.001〜10W(指定による)
電波形式 F2D/F3E、単向/半二重(単信)/全二重(複信)
シーケンサ間通信 伝送速度 1200bps
変調方式 MSK変調
通信手順 HDLC準拠方式
インターフェース RS-232C
伝送速度 9600bps
通信手順 無手順
最大テキスト長 1024byte
通話 ヘッドセットによる送受同時通話

システム構成例

システム構成例:UHFテレメータ・テレコントロールシステム