ソフトウェア ROAD STUDIO

  • シミュレーター

印刷する

画像:ソフトウェア ROAD

概要

ロードスタジオは、シミュレーター用の道路データベース作成ソフトウェアで、 シミュレーターの表示装置に表示する高速道路、市街地、山間部、気象状況などの道路データベースを簡単に制作することができます。
インターネット上に公開されている衛星地図などを取り込むことができるので、よりリアリティの高い道路データベースを簡単に作成可能です。 また、あらかじめ用意された素材データからさまざまな環境を簡単に設定できます。 パラメータ入力により、光、影、揺れなど高品質なリアルタイムレンダリングを実現します。

特長

  • 地形データから必要な範囲の地形を選択し、基礎となる地形が形成できます。
  • 高速道路・市街地・テストコース等を自由に作成できます。
  • 他車両の走行パスを設定できます。
  • パラメータ入力により、光、影、風による揺れなどを設定でき、高品質なリアルタイムレンダリングを実現します。

画像:特長

画面例

首都高速4号線を再現した道路データベース

画像:道路データベース1

様々な環境条件を再現することができます

画像:道路データベース2

ワークフロー

柔軟かつシンプルなワークフローを実現

画像:ワークフロー1

直感的な操作により、さまざまな道路環境を簡単に作成することが可能

ベースとなるマップの生成

平面マップから道路を敷きたい地域(黄色のワク部)を選択することで、ベースマップが生成できます。

画像:ワークフロー2

道路を作成

2点座標を指示することで簡単に道路を配置できます。断面形状+マテリアル等の調整を行います。

画像:ワークフロー3

交差点を作成

交差点に接続する道路を作成し、制御点の調整により接続形状を作成します。横断歩道・白線を追加します。

画像:ワークフロー4

ガードレールを設置

ガードレールの定義を作成し、設置した道路に反映できます。また、勾配のある道路にも設置可能です。

画像:ワークフロー5

トンネルを作成

トンネルの定義を作成し、設置したい道路に反映できます。

画像:ワークフロー6

ラウンドアバウトを作成

交差点に接続する道路を作成し、制御点の調整により接続形状を作成します。横断歩道・白線を追加します。

画像:ワークフロー7

その他、付属素材データ

名称 種類
道路作成 車道、歩道、他
サイドオブジェクト ガードレール、防音壁、横断歩道、他
3Dオブジェクト 車両、建物、標識、信号器、指示器、他

製品構成

名称 数量 備考
Road Studio 一式  
編集ツール 1  
描画ソフト 1  
地形読み込みツール 1 オプション
建物作成ツール 1 オプション

動作環境

Microsoft Windows

ハードウェア CPU:Intel Core i7以上
RAM:8GB以上
OS Windows 7、Windows 8、Windows8.1
GPU NVIDIA GEFORCE GTX 780 Ti以上
ディスプレイ解像度 1920×1080 ピクセル以上推奨