マルチパス等化装置(B) NDC-2211

  • 地上デジタルテレビ放送

印刷する

画像:マルチパス等化装置

マルチパス等化装置(B)は、GI(ガードインターバル)内のマルチパス波を等化処理し、信号品質を改善します。装置の遅延時間が小さいため、SFNネットワークでもご使用いただけます。(NHK殿のご指導により開発)

特長

  • ガードインターバル内のマルチパス波の波形歪みを補正し、信号品質を改善します。
  • 装置の遅延時間が短いため、SFNネットワークでもご利用いただけます。
  • 高速な演算処理により、フェージング等の変動にも追従します。
  • 受信変換出力と送信変換入力間に挿入しますので、既存の中継局にも容易に追加することが出来ます。

仕様

項目 摘要
等化範囲 -1 〜 126μs
等化処理後の等価C/N 35dB以上
(静特性、マルチパスD/U = 8dB)
装置遅延時間 17μs以内
外形寸法 480W×49H×400D(突起物含まず)