インマルサットC LRIT JUE-95LT

  • 船舶用通信機

印刷する

LRITとは

LRITとは?

船舶長距離識別追跡装置 (LRIT- Long Range Identifi cation and Tracking) は、海上の保安強化を行うために国際海事機構(IMO)で制定された全世界的な船舶動静監視システムであり、国際航海に従事する全ての旅客船(高速船含む)と300GT以上の貨物船(高速船含む)および自航式海底資源掘削船への装備が義務付けられています。 本装置は、各船舶が旗国(船籍国)の定めた方法に従って、船舶通信IDや位置情報などの自船の固有情報(LRIT情報)を陸上のデータセンターに一定時間毎に送信します。

対象船舶

以下に示す(国際航海に従事する)船舶はLRIT装置の装備が義務付けられています。

船種

  • 高速船を含むすべての旅客船
  • 300GT以上の高速船を含む貨物船
  • 自航式海底資源掘削船

SOLAS V 19-1

  • 2008年12月31日以降に建造された船舶
  • 2008年12月31日以前に建造され、下記海域で運航する船舶:
    A1、A2またはA1、A2、A3海域-2008年12月31日以降の最初の無線検査まで装置追加
    A1、A2、A3、A4海域-2009年7月1日以降の最初の無線検査まで装置追加
    A1海域のみ運航する船舶はAIS搭載により除外