本文へスキップ

FOMA版モバイルロケータ JRN-70F

  • 位置把握

印刷する

画像:OMA版モバイルロケータ JRN-70F

特長

FOMAパケット通信に対応

FOMAモジュールを内蔵しており、位置情報や外部機器などの情報をFOMA回線で通信します。

多彩な位置通知機能

JRCが開発、製造したGPS受信機を内蔵しています。位置情報/時刻情報を取得可能です。多彩な位置通知機能で更に便利になりました。→詳しくは機能紹介にて

Dualモード搭載

「データ通信モード」および「ロケーションモード」から選択できます。

データ通信モード

本装置のシリアルポートにパケット通信を利用する装置(外部制御装置)を接続して制御ができます。省電力モード使用時には、外部制御装置と双方向の省電力解除が可能です。GPSデータ出力ポートも設けています。

ロケーションモード

装置単独で使用でき、様々なタイミングでの位置通知 が可能です。また拡張コネクタにシリアルポートと接点入出力(入力:8ポート、出力:3ポート)を有しておりますので、シリアルポートに外部機器を接続することで、外部機器とサーバ間でユーザーデータを通信できます。

※ポーリング、外部イベント、時間コンテンション(複数)位置コンテンション、距離コンテンション

DC電源アダプタを一体化

DC電源アダプタを本体に組み込んでおり、コンパクトサイズを可能にしました。

前機種からJRN-70Fへ容易に移行可能

前機種のDoPa版モバイルロケータの上位交換品として、通信フォーマットを同一にしております。