JRL-849AP/ST

  • 無線LAN

印刷する

画像:JRL-849AP/ST

特長

JRL-849APは4.9.GHz帯に対応した高耐久性の無線LANです。
自己診断機能を有し、WEBサービスにブラウザでアクセスすることにより、通信の状況を可視化して提示をします。
省電力設計なので太陽電池と組み合わせて運用する事も可能です。

干渉の影響が少ない4.9GHz帯対応

一般の無線LANと干渉しない4.9GHz帯を利用しますので,干渉の無い安定した無線回線 を構築できます。

  • 本装置を操作するには,無線従事者資格が必要です。
  • 本装置をご使用になる場合は,最寄りの総合通信局(総務省)への登録が必要です。

動的メッシュネットワーク対応

短時間で経路を自動的に切り替えるメッシュネットワーク機能を備えているので、経路の障害に対して柔軟に対応できます。

電源セルフタイマー機能

RTCを内蔵している為、設定した時刻にON/OFFさせる事が出来、システムにタイマーを準備する必要がありません。

USBでGPSを接続可能

アクセスポイントを移動させても地理情報を自動的に取得できます。
また、GPSを使わない場合、USBポートにメモリーを差すことで長期のLOGをバックアップすることも出来ますので、万が一の際にも安心です。

同期ファームウェアアップデート機能

ファームウェアをバージョンアップする際に、設定した時刻に合わせてバージョンアップを実施できるためバージョンのばらつきによるネットワークの不具合が発生し辛くなります。

障害時のファームウェア二面構成

万が一ファームウェアが破損し再起動が出来なくなった場合、予備の面から起動することで障害の復旧対応を容易にします。

WEBブラウザによる遠隔からの機器監視

通信状態の確認を遠方から行えます。また、通信状況の確認内容は主にグラフ表示になっているため、変化を容易に把握できます。

PoE給電とDC12V給電の二つに対応

PoE HUBを使わずにリレー中継させる際にDC12Vを利用できます。

豊富なアンテナ・バリエーション

無指向からハイゲインの指向性まで豊富なバリエーションのアンテナが技術適合しています。システムに合わせて個別に技術適合申請をすることも可能です。

広い動作温度範囲

低消費電力