組込用無線LANモジュール JRL-749E2

  • 無線LAN
  • 無線モジュール

印刷する

仕様・構成図

主な仕様

周波数帯
  • 4.9GHz帯
  • 4915、4920、4925、4935、4940、4945MHz(10MHzシステム)
  • 4920、4940、4960、4980MHz(20MHzシステム)
  • ARIB-STD-T71(5GHz帯無線アクセスシステム)
無線通信規格 IEEE802.11j準拠
変調方式
(伝送速度)
  • OFDM-64QAM 54Mbps,48Mbps
  • OFDM-16QAM 36Mbps,24Mbps
  • OFDM-QPSK 18Mbps,12Mbps
  • OFDM-BPSK 9Mbps,6Mbps
  • 表示の数値は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
  • 無線LANソフトウェア設定で伝送速度54Mbps、48Mbpsのみを有効すると、回線状態の影響を受けやすく、スループットが低下したり、通信が途切れてしまうことがあります。回線状態の影響を軽減するために、36Mbps以下の伝送速度も有効にすることをおすすめします。
送信出力 2mW/MHz +20%、-80%
有線I/F AUTO MDI/MDI-X(ケーブルのストレート/クロスを自動認識)
動作環境 温度:-30~+65℃
湿度:20~95%Rh(結露しないこと)
電源電圧 DC +5V±5%、
消費電力 5W以下
外形寸法 50×20×65mm(W×H×D)(突起部含まず)
質量 100g以下
環境対応 RoHS指令準拠(オプション品を除く)

構成図

画像:構成図