本文へスキップ

衛星EPIRB(非常位置指示無線標識) JQE-103

  • GMDSS

印刷する

画像:衛星EPIRB(非常位置指示無線標識) JQE-103

JQE-103は、GMDSSの重要なシステムの一つであるCOSPAS/SARSAT捜索救難システムに用いられる遭難救助用ブイです。遭難時には406MHz帯の遭難信号と121.5MHzホーミング信号を自動発射するとともにストロボライトを自動点滅します。

製品概要

概要

406MHz衛星EPIRBは、GMDSSの重要なシステムの一つであるCOSPAS/SARSAT捜索救難システムに用いられる遭難救助用ブイです。遭難の際このブイは、406MHz帯の電波を自動発射し、COSPAS/SARSAT衛星は、その電波を受信し1.5GHzで、地上局(LUT)に向けて送り返します。LUTにて解読されたEPIRBの位置を含む情報は、救難調整センター(RCC、日本の場合は海上保安庁)に送られ、航空機、船舶などによる捜索救難活動が展開されます。
衛星のカバー範囲は、極地方を含む地球全体であり、衛星EPIRBを利用することにより、全世界的な捜索救難システムが実現できます。

  • 406MHz、121.5MHzの二周波対応
  • 小型、軽量化による容易な装備
  • シンプルな構造と簡単なメンテナンス
  • 耐錆、耐劣化構造
  • 風、振動等に強いフレキシブルアンテナを採用
  • MED・HK型式承認品