J-Marine GIS 船舶リアルタイムモニタリングシステム

  • 海洋版GIS

印刷する

画像:海洋版GIS J-Marine GIS

特長

J-Marine GIS 船舶リアルタイムモニタリングシステムは、AIS情報やレーダ情報、気象海象情報などを収集し、パソコンのWEBブラウザでリアルタイムにモニタリングできます。当社独自開発の海洋版GISにより、海図上への重畳表示を実現します。

特長

パソコンのWEBブラウザを利用し、アプリケーションのインストールは不要。ネットワーク上のパソコンから簡単に閲覧操作可能。

GISを採用した情報毎のレイヤ化により、システムの拡張性が容易に実現

画像:GISを採用した情報毎のレイヤ化により、システムの拡張性が容易に実現

  • 各種データと海図の重畳表示が可能。
  • 目的に合わせた各種データの選択・透過率設定・順番設定が容易。
  • 複数データの組合わせにより解析・分析を視覚的な表示が可能。
  • 顧客要望に応じて、オプションレイヤの提供が可能。

GIS:Geographic Information System

船舶情報のプレイバック機能を標準搭載。過去の事故状況解析など、状況の再現。

J-Marine Cloudとの連携(オプション)

JRCが構築するクラウド型サービスプラットフォーム「J-Marine Cloud」と連携することで、日本世界の気象海象情報を表示。
船舶の位置情報と気象海象情報を重ねて表示することにより、船舶の安全な運航支援や運航管理をサポート。

画像:気象海象情報表示画面例

気象海象情報表示画面例(天気図、台風、GPV重畳)

レーダ情報の重畳表示(オプション)

レーダ情報を取り込み、地図上にレーダ画像を重ねて表示することで、AIS搭載船以外の小型船舶の位置などをリアルタイムに把握。

画像:レーダエコー表示画面例

レーダエコー表示画面例

モバイル対応アプリ[J-Marine GIS for mobile](オプション)

スマートフォンやタブレット端末で、船舶動静状況をリアルタイムに閲覧。移動中や外出先から船舶情報や気象海象情報を容易に確認。

画像:J-MARINECLOUD