本文へスキップ

GPS航法装置 JLR-7500(GPSモデル)/JLR-7800(DGPSモデル)

  • 航行支援
  • プレジャー

印刷する

画像:GPS航法装置 JLR-7500(GPSモデル)/JLR-7800(DGPSモデル)

特長

本装置の特長

JLR-7500/JLR-7800GPS航法装置は正確に自船位置を測定すると共に、最新技術の採用による多彩な機能を用い、高度な操作を可能にします。

3Dハイウェイ

JLR-7500/JLR-7800の新しい表示モードの1つは3Dハイウェイと呼ばれ、次の目的地の位置を直観的に表示します。この(俯瞰図)3Dガイダンスは計画航路をリアルタイムで追跡する場合に特に役立ちます。

画像:3Dハイウェイ

スマートな航路計算

JLR-7500/JLR-7800では長距離にわたる航路計画が非常に効果的に立案可能です。ある航路について、短経路は漸長緯度航法(RL)で、長距離経路は大圏航法(GC)で、と設定することも可能です。航路計算方法は経路ごとに簡単に選択可能で、最終目的地到達まで難なくサポートします。

衛星の完全性チェック

JLR-7500/JLR-7800で使用する新開発の受信機にはRAIM(受信機自律型完全性モニタリング)を採用しており、GPS信号の完全性がチェックできます。複数の衛星信号を取得して得られた位置情報が計算位置と一致しているかどうかを確認し、従来方法より高い信頼性を保証します。