本文へスキップ

GPSコンパス/GPS航法装置 JLR-31(商船向け高精度モデル)/JLR-21(小型船向け標準モデル)

  • 航行支援

印刷する

システム構成

様々な設定に対応するインターフェイス

JLR-31/JLR-21は表示器に独立した通信設定が可能なデータ出力ポートを複数持ち、レーダーやECDIS、オートパイロットなど様々な航海機器へのデータ配信に対応します。

高い装備性

JLR-31/JLR-21の表示器はコンパクト設計で場所を選ばずに設置していただけます。センサーと表示器は一本のケーブルで接続でき、装備時間の短縮と柔軟な装備性を実現しています。また、静定時間は2分以内という高速起動を実現していながら、通常のジャイロ装置のような定期保守も必要としません。

画像:高い装備性

リモートメンテナンスシステム(RMS)

JRCでは当社製VDR装置およびインマルサット通信装置を利用し、当社製の船上装置*の状態をリモートアクセスにより遠隔診断する独自の保守サービスを提供しています。JLR-31/JLR-21GPSコンパス装置にも自己診断機能を含むリモートメンテナンス対応機能が組み込まれており、RMSをご利用いただくことで一層の保守費用削減に効果を発揮します。RMSについての詳細なご案内はこちらから。

画像:リモートメンテナンスシステム(RMS)

画像:周辺系統図

標準構成品目

品名 型名 数量 備考
表示器 NWZ-4701 1台 ブラケット付き
センサー NNN-31 1台 JLR-31モデル
NNN-21 1台 JLR-21モデル
電源ケーブル CFQ-7257 1本 2m
接続ケーブル CFQ-7248 1本 10m
装備用パーツ 1式 ネジ類他
予備品 1式 ヒューズ他
取扱説明書 7ZPNA4223 1冊 JLR-21/JLR-31両用