本文へスキップ

GPSコンパス/GPS航法装置 JLR-31(商船向け高精度モデル)/JLR-21(小型船向け標準モデル)

  • 航行支援

印刷する

画像:GPSコンパス/GPS航法装置 JLR-31(商船向け高精度モデル)/JLR-21(小型船向け標準モデル)

特長

本機の特長

JLR-31/JLR-21は高精度な船首方位を安定して計測するだけでなく、3D Dynamic Sensor™として、船体の姿勢計測に関する機能を大幅に強化しました。また衛星航法装置(GPS)としての検定も取得しており、正確な位置情報を基にする新機能も追加しています。

ヒービング計測対応

JLR-31/JLR-21は海面の波やうねりに伴う船舶の垂直方向の変位量を計測するヒービング計測に対応しています。高いうねりでも高精度で船体の垂直方向の変位量を計測することができます。ヒービング補正対応の魚群探知機等に計測データを入力すれば、魚群や海底形状の検出精度が向上します。

画像:ヒービング計測対応

画像:ヒービング計測対応

高速データ更新に対応

精度の高い計測データも時々刻々と変化していきます。JLR-31/JLR-21では常に高い計測精度を維持するため、データの高速更新機能を搭載しています。

画像:高速データ更新に対応

IMO基準に準拠

JLR-31/JLR-21は、船首方位伝達装置(THD)および衛星航法装置(GPS)としてIMOの性能基準に準拠しており、SOLAS-Vの搭載要件を満たすTHDもしくはGPSとして装備していただくことができます。

IMO性能基準 トン数
船首方位伝達装置(THD) 300GT~500GT未満
衛星航法装置(GPS) 20GT~

画像:IMO基準に準拠