ドップラ・スピードログ JLN-740シリーズ

  • 航行支援

印刷する

画像:ドップラ・スピードログJLN-740シリーズ(イメージ図)

画像:ドップラ・スピードログJLN-740シリーズ(パソコン用画像)

画像:ドップラ・スピードログJLN-740シリーズ(スマートフォン用画像)

低燃費・定時運航をサポートする船速・距離の高精度計測を実現

  • 300GT以上の船舶を対象とする対水船速距離計の性能基準、IMO MSC.96(72)に適合
  • 船速計測精度0.03knまたは0.3%以内を実現*1し、低燃費・定時運航をサポート。
    離着岸時の細かな操船の際に重要な船速追従性も大幅に改善
  • 気泡付着による船速精度の低下を知らせる、当社独自の気泡検出機能を搭載
  • 主・副表示器に昼夜を問わず視認性の高いタッチパネル搭載のカラーLCDモデルを用意
  • 高い計測精度はそのまま、小型船舶への搭載にも対応する3ユニット構成モデルを用意

画像:RMS

特長

JLN-740シリーズは、国際航海に従事する300GT以上の船舶に装備が義務付けられる、IMO MSC.96(72)の性能基準に適合する船速距離計(対水)です。これまでにない高精度な船速計測により船舶の低燃費・定時運航をサポートします。また、当社独自の気泡検知機能を搭載しており、気泡付着による船速精度の低下をお知らせします。さらに必要な情報を見やすく表示する主・副表示器には、一括で明るさ調整ができるタッチパネル搭載のカラーLCDモデルも選択可能です。

正確な船速と高い追従性

JLN-740シリーズではデジタル信号処理を用い、船速計測波の波形・周期などを最適化することで、信頼性に実績のある船底装置はそのまま、全てのモデルで船速(対水)の計測精度を0.03knまたは0.3%以内の高精度化を実現*1しました。

正確な船速情報は燃料効率の高い速度の維持による低燃費運航や到着目標時間に合わせた無駄のない定時運航をより正確にサポートします。

船速精度の向上にあわせて船速追従性も大幅に改善しており、離着岸時の細かな操船の際にも遅延なく必要な情報をお知らせします。

  1. :定速航行時(当社実側値)

画像:船速計測イメージ

船速計測イメージ

気泡検出機能を搭載

超音波を用いるドップラ式船速距離計では船底装置への気泡付着による計測精度の低下は避けることのできない問題です。JLN-740シリーズは送受波器への気泡付着を検出するJRC独自の機能を搭載しており、気泡による船速精度の低下を検出した際は画面にアラートを表示して注意を喚起します。

これまで船速精度の低下は、目視での状況確認が難しい船底装置の故障という誤診断の要因でもありましたが、気泡検出機能により不要な保守点検作業が回避できます。

画像:気泡警告画面

気泡警告画面

性能基準と対応規格

JLN-740シリーズは300GT以上の国際航行船舶に装備が求められるIMO MSC.96(72)、A.824(19)、A.694(17)の性能基準を満たす船速距離計(対水)で、下記のIEC試験規格に対応しています。

航法装置に関する一般的な装備要件
IEC 60945 (2002)
船速距離計(SDME)機能要件
IEC 61023 (2007)
航海情報表示関連機能要件
IEC 62288 (2014)
デジタルインターフェース機能要件(シリアル)
IEC61162-1(2010)
デジタルインターフェース機能要件(LAN)
IEC61162-450(2011)*2

また、本装置は当社JLN-720:サテライトログと合わせて装備することで50,000GT以上の船舶に適用されるIMO MSC.334(90)、独立した対地および対水船速距離計の装備要件を満足することができます。

  1. :JLN-740A/Nのみ対応