本文へスキップ

潮流計 JLN-652

  • 漁業用機器

印刷する

操作

使いやすい専用操作部

JLN-652の専用操作部は、人間工学に基づき機能的に分類・配置されたキーと感度・泡消ボリューム、そして素早い反応でストレスの無い快適な操作性を提供します。また豊富な表示モードも専用キーで簡単に選択できるほか、多岐に渡るメニュー設定もJRC独自のフレーム選択キーで、変更したい項目にすばやくアクセスすることができます。

画像:使いやすい専用操作部

魚群画面モード

JLN-652は魚の探知が容易に行えるよう4方向表示、前方左右の2方向表示、1方向のみの表示から適当な表示画面が選択できます。また、一般的な魚群探知機と同様に魚種や海象に合わせて、感度調節を行うだけで表示画面の調節が行えます。

警報機能

JLN-652には計測結果に基づき発生する様々な警報機能が内蔵されています。いずれの警報も計測した値が予め設定したしきい値を超えた場合にアラーム音と画面のメッセージにより通報し、ユーザーの安全確保や効率的な漁をサポートします。

高精細表示対応

JLN-652潮流計は他に類を見ない高い精度でデータを計測するだけでなく、潮流解析にとても効果的な1024x768(XGA)の高解像度のモニター出力を提供します。

装備場所を選ばないユニット構成

JLN-652は、ブラックボックスタイプの信号処理器を中心とし、表示器(オプション)・操作部・送受波器の4ユニットで構成され、狭いスペースの中でも自由度の高い装備が可能です。なお、独自の表示器での使用をご希望の際はXGA解像度表示に対応するものであればメーカーやサイズを問わず、接続することができます。

画像:装備場所を選ばないユニット構成