本文へスキップ

潮流計 JLN-650

  • 漁業用機器

印刷する

システム構成

装備場所を選ばないユニット構成

JLN-650は、ブラックボックスタイプの信号処理器を中心とし、表示器、操作部、送受波器の4ユニットで構成され、狭いスペースの中でも自由度の高い装備が可能です。なお、標準でアナログRGB映像信号出力端子を搭載していますので、専用表示器の代わりに市販のパソコン用モニター(XGA対応品)を接続することもできます。

新型送受波器

JLN-650は、周波数125kHzで大深度の計測に対応した新型送受波器を採用しています。不要なサイドローブを極限まで低減した最適化ビームにより、高精度の計測を実現します。船底装備用の貫通金具は、鉄船底用とFRP船底用の2種類を用意しています。また送受波器ケーブルは標準長25mで、最大100mまで延長することも可能です。

画像:新型送受波器

系統図

JLN-652は様々な種類の航法装置と容易に接続可能な複数のシリアル(NMEA)ポートとUSBポートを備えています。市販のUSBメモリーに自船航跡や潮流ベクトルデータをコピーしたり、過去にコピーしたデータを再ロードして確認することができます。

画像:系統図

標準構成品目

品名 型名 数量 備考
表示器*1 NWZ-164 1台 15インチLCD
信号ケーブル(5m)付
電源ケーブル(5m)付
送受波器*2 CFT-068A 1台 ケーブル(25m)付
信号処理器 NJC-28 1台
操作部 NCH-603J 1台 和文
信号ケーブル(5m)付
予備品 7ZXNA3001 1set ヒューズ
取扱説明書 7ZPNA3102 1冊 和文
1) BB(表示器なし)仕様には含まれません。
2) 鉄/FRP船底用貫通金具、装備タンク(鉄船底用)付き/なしが選択可能です。