本文へスキップ

国際VHF無線電話装置
JHS-770S シンプレクス/セミ・デュープレクス
JHS-780D シンプレクス/デュープレクス

  • 船舶用通信機
  • GMDSS

印刷する

  • クラスA DSC対応、DSC聴守受信機(CH70)内蔵
  • 欧州内陸水路用ATIS機能を搭載
  • AIS接続により他船情報の表示とダイレクト呼出が可能
  • インターコム・拡声機能を搭載
  • 3.8インチ高輝度液晶ディスプレイによる優れた視認性
  • 120秒間の通話音声プレイバックが可能

製品概要

VHFシリーズ
優れた基本性能と豊富な機能、高い拡張性でジャストフィットなシステムをご提供します

JHS-770S(シンプレクス/セミ・デュープレクス)/JHS-780D(シンプレクス/デュープレクス)は、GMDSSおよび国際規格に完全適合した国際VHF無線電話装置です。クラスA DSC対応や欧州内陸水路用ATIS機能などの充実した基本性能とともに、AIS接続による指定船舶のダイレクト呼出機能や、インターコム機能、120秒間の通話音声デジタル記録機能など、JRC独自の優れた機能を満載しています。

AIS接続によるダイレクト呼出機能

JHS-770S/JHS-780Dは、JRC製AISを接続することにより、他船情報(方位、距離、MMSI、船名)を自動的に取り込んで画面上に表示すると共に、その情報を用いて指定した船舶を直接呼び出すことができます。AISボタンを押すと、ディスプレイに周辺海域の他船情報がリスト表示され、その中から交信したい船舶を選んでボタンを押すだけで、簡単にDSCメッセージを送信することができます。

インターコムと拡声機能

JHS-770S/JHS-780Dは、複数のコントローラを接続して互いにインターコムとして交信することができます。さらに、拡声機能も内蔵しており、オプションのアンプ内蔵スピーカを接続することにより、各コントローラから船上やドックの作業員に対してクリアな音声で指令を出すことができます。

クリアな表示

画像:画面表示例

JHS-770S/JHS-780Dは、視認性に優れた3.8インチ高輝度液晶ディスプレイを採用しています。直射日光や薄暗い場所でも見易く、設置場所を選びません。また、主要な情報は離れた場所からも読みやすい大きな文字で表示されます。

コントローラは最大5台まで接続可能

画像:ハンドセット

JHS-770S/JHS-780Dは、1台のトランシーバに最大5台ものコントローラ※が接続できます。ブリッジだけでなく士官室や食堂などの各要所にコントロ-ラを設置することで、緊急時などに船内のどこにいても即座に通話することができます。さらにハンドセットやプリンタも追加接続が可能です。

※ チャネルセレクタを含みます

120秒間の通話音声デジタル記録

JHS-770S/JHS-780Dは、過去120秒間の通話音声を自動的にデジタル記録し、記録された音声を任意に再生することができます。この機能を使えば、周囲の騒音で聞き取れなかったり聞き漏らしたメッセージを即座に再生して確認したり、重要なメッセージを保存しておくことができます。

ウイングコンソール用チャネルセレクタ

JHS-770S/JHS-780Dは、ウイングコンソールなどの屋外設置が可能な小型チャネルセレクタをオプションで用意しています。このチャネルセレクタは、通話はもちろんチャネル選定や出力選定などの簡単な操作が可能で、チャネル16プリセットも備えています。

画像:チャネルセレクタ

装備場所を選ばないコンパクト設計

JHS-770S/JHS-780Dは、トランシーバとコントローラを別体構造とし、限られたスペースに自在に設置できるようにしています。特にコントローラはクラス最小で、コンソールに埋め込んだり、卓上または天井に簡単に取付けることができます。

マニュアル不用の簡単操作

使いたい機能がすぐ呼び出せる押しボタン、簡単スムースな操作ができるボリュームとジョグダイアル、さらに分かりやすいメニュー構成など、JRC独自のマンマシンインターフェースで、快適で確実な操作が可能です。

画像:インターフェース

スターネットワーク(StarNetworkTM

JRCは1915年の創業以来、製品の販売と同時にフィールドでのアフターサービスを一貫して積極的に行ってきました。今日、JRCは支店・営業所および全世界270以上の認定代理店を結ぶ世界規模のネットワークで1年365日、24時間体制のサービスを提供しております。

画像:スターネットワーク